静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

待望の2勝目! vs ホンダロックSC

第2節以来、勝利から遠ざかっているアスルクラロ沼津。前節、アウェイでのファジアーノ岡山ネクスト戦も、2-2の引き分けという結果に終わった。得点力不足が最大の課題と言えるチームにとって、勢いを取り戻すために必要なのはフォワードの選手が点を取ること。先に書いたように、前節には2つのゴールが生まれているが、コーナーキックの流れからのオウンゴールと中盤の選手が取った得点だった。

3得点で完封勝利!

「どちらかと言うと、まわりを活かすのが僕のプレーですけれど、(第7節の)鹿児島戦以来、フォワードとして出ているので、ようやく点が取れて良かったです」
 
試合後、この日2得点をあげた柳澤隼は、謙遜するかのようにそう語っていたが、周囲には「今日はやります」と宣言していたという。その言葉通りの活躍によって、チームは勢いづいた。アスルクラロの勝利を決定づけた3点目を獲得した岡庭和輝は語る。
 
「(柳澤の)1点目はチームとして狙っていた形でした。自分自身もようやく得点出来て良かったんですけど、それよりもチームが勝てたことが一番嬉しいです」
 
フォワードの選手が得点を取り、これまで右サイドから再三にわたってチャンスを作ってきた岡庭がダメ押し弾を放ったこの勝利は、チームにとって大きな意味を持ちそうだ。
 
「FC岡崎マルヤス戦以来、相手にあわせたサッカーになってしまっていました。そうじゃなくて、サイドを起点としたパス主体の自分たちのサッカーができたことが良かったと思います」と望月一仁監督自身も試合後に述べたように、JFLにアスルクラロ旋風が巻き起こることを予感させるような完封勝利だった。

格段に良くなった左サイドと前線の“タメ”

開幕当初から比べて格段に良くなったと言えるのが、左サイドの攻撃と前線での“タメ”の2点だ。
 
「我々が目指す“繋ぐサッカー”のために全員が動いていたということでしょう」と望月監督も言うように、これまでは右サイドに偏重していた躍動感ある攻撃が、前半から左サイドでも見られた。特に、今季FC町田ゼルビアから加入した村上聖弥の豊富な運動量が目立った。
 
さらに本来は中盤の選手である柳澤をフォワードに置くことで、前線でタメが作れるようになった。その結果、中盤の選手が裏に飛び出す時間が生まれた。
 
前半の早い時間帯こそ良い攻撃が見られたものの、その後は一進一退の攻防が続く。前半30分を過ぎて、ついに試合が動く。右サイドの岡庭がスルーパスに反応しタッチライン際までドリブル突破しグラウンダーのセンタリング。そのパスを冷静にトラップした柳澤が右足でゴール。それは待望とも言えるフォワードのゴールだった。
 

運動量で相手を圧倒した後半

前半は1-0のまま折り返した後半。ハーフタイムに「運動量を落とさないようにしよう」と声を掛け合った成果が出る。
 
足が止まったホンダロックに対して、アスルクラロが畳み掛けるように中央突破。柳澤の豪快なシュートがチームに追加点をもたらした。
 
守備においてもここまですべての試合でゴールマウスを守ってきた石田良輔を中心に、危なげない守りを見せる。
 
すると、右サイドをスルッと抜けだした岡庭がペナルティエリア内で相手に倒されPKを獲得。自身で放ったシュートが、ダメ押しとなる3点目を奪った。
 
静岡県の象徴とも言える富士山が見守る中、アスルクラロ沼津は今季2勝目をあげた。
 
「若いチームですからね。1つの勝利が波に乗るキッカケになることもあると思います」
 
ベテランの尾崎瑛一郎が話してくれたように、この勝利はきっとアスルクラロ旋風に繋がってくれるだろう。そのためにも次節、栃木ウーヴァ戦で2連勝を狙いたい。
 

PICK UP

ゲームキャプテンも務める高野光司が目指すもの

今節はいつもの“愛鷹”ではなく、沼津市の西隣にある富士市の富士総合公園陸上競技場が試合会場だった。それにもかかわらず1,500人を超える観客がスタジアムを埋めた。目立ったのは、アスルクラロのスクール生たちの姿だ。
 
「技術的にうまい選手はいっぱいいますよ。でも少し攻撃だけにとらわれている子どもが多いですね。もっと試合全体を俯瞰して見て、バランスの良いサッカーがどうすればできるのか。それを自分がプレーする姿で子どもたちに教えられたらと思います」
 
そう語るのは、アスルクラロのサッカースクールで子どもたちへの指導もしている高野光司(21歳)だ。2007年にU-15日本代表に選出されてから、各年代で日本代表として活躍してきた彼がアスルクラロに来た理由とは。
 
「ヴェルディユースから(2010年に)トップチームへ上がりました。だけど怪我などがあって、Jの試合に上手く順応できませんでした。なかなか体のバランスが取れないまま引きずってきてしまった。そうした中で、信頼している人の紹介でアスルクラロのことを知り、入団することを決めました」
 
どういったプレーが得意なのかを聞くと、「相手からボールを奪うのが得意ですね。あとは速攻と遅攻のメリハリをコントロール出来るようになりたいと思ってます」と笑顔を見せてくれた。
 
年代別日本代表やJリーグでの出場経験もある彼に、JFLというリーグについても聞いてみた。
 
「いい意味ですごく勉強になります。体力的にも精神的にもタフさが求められるし、それは自分にとって本当にいい経験だと感じています」
 
高野の眼差しを見て、僕は頼もしさを感じた。きっと彼ならアスルクラロをJリーグの舞台へ引き上げてくれるだろうと。

DATA

試合結果

ファーストステージ第9節(会場:富士総合運動公園陸上競技場)
アスルクラロ沼津(3-0)ホンダロックSC
メンバー)
GK 30.石田良輔
DF 31.尾崎瑛一郎 2.東間勇気 3.西村竜馬 8.犬塚友輔
MF 17.岡庭和輝(→11.緑悟[後半38分]) 7.村上聖弥(→27.真野直紀[後半45分]) 20.高野光司 16.中野翔太 
FW 14.柳澤隼(→9.木暮郁哉[後半28分]) 6.真野亮二 
 

ページの先頭へ