静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

開幕戦を勝利で飾る vsファジアーノ岡山ネクスト

-JFLファースト・ステージ第1節(2015.03.08)-
「全力アスル」というスローガンを掲げ、“勝負の年”とも言える2015年シーズンのJFLが開幕。アスルクラロ沼津にとってJFL2年目となる今季は、JFLの年間順位で4位以上の成績を収め、さらに日本サッカー協会の指定する「Jリーグ百年構想クラブ」のうち上位2チームに入れば、J昇格の条件を満たすことになる(なお現時点でJFL所属チームの中でJ3ライセンスを保持しているのはアスルクラロのみ、Jリーグ百年構想クラブはアスルクラロのほか、ヴァンラーレ八戸、栃木ウーヴァ、奈良クラブ、鹿児島ユナイテッド)。J昇格に向け、持てる力のすべてを懸けて戦う選手たちに注目しよう。

馬場のセンタリングがゴールを生み、見事1-0で勝利!

少し強めの風が吹く中、愛鷹の地にキックオフの笛が鳴り響く。と同時に、一気に前がかりに押し込んでいくのはアスルクラロのイレブンたちだ。
 
今季から監督としてチームを率いる吉田謙監督が「全員守備・全員攻撃」を公言していた通り、ピッチにいる全員がスタート時からエンジン全開。
 
ファジアーノ岡山ネクストは、アスルクラロの勢いに押され、なかなか試合のリズムを作ることができない様子だった。
 
「昨年はボールを大事につなごうと、横パスやバックパスが多かった。でも今年は前線の選手の動き出しが速いということもあって、常に縦パスを狙っています」と話すのは、昨年からボランチで活躍する中野翔太。
 
そんな彼の言葉の通り、新加入の新裕太朗、松尾篤の2人のフォワードと右サイドハーフの岡庭和輝、左サイドハーフの蔵田岬平が繰り返し相手の裏のスペースに抜け出し、チャンスを作った。
 
前半はクロスバーに直撃した松尾のシュートなど、計6本のシュートを放つも、あと一歩のところでゴールは奪えなかった。
 
後半になっても流れはアスルクラロのまま。アスルクラロのゴールを脅かしたのは、ファジアーノのフォワード藤岡浩介が放った後半開始早々のミドルシュート1本くらいだったが、これも昨年からアスルクラロのゴールマウスを守る石田良輔がシャットアウト。
 
そして0-0で迎えた残り10分。中野からのパスを受けた左サイドバックの馬場将大がインステップでシュート性のクロスボールを入れると、このボールが相手ディフェンダーに当たって、ゴールへと吸い込まれる。相手ゴールキーパーはほとんど動けずゴールイン。ついに80分続いた均衡が破れ1-0に。
 
これが決勝点となり、アスルクラロは開幕戦を勝利で飾った。
 

“全員サッカー”で相手を攻め立てる

前半、最初のチャンスは試合開始からわずか15秒だった。フォワードの新が相手の左サイドに空いたスペースへ抜け出して、右足を振り抜いた。しかしこれはキックがミートせず、ボールはゴール左へと外れてしまう。
 
さらにその1分後にも、岡庭が右サイドを突破するなど、右サイドを中心に攻め立てる。
 
「特に今日は相手が3バックだったので、背後にスペースができやすかった。そこを使っていこうと試合前に話していた」と中野。その言葉通り、次から次へと相手の裏をついていく。
 
昨年からのチームの変化が見て取るようにわかる。それはチーム全体として守備と攻撃の切り替えが速くなったことだ。
 
「全員でボールを奪いにいって、それをうまく攻撃につなげていこうという意識でやっています。後ろ向きではなく、自分たちが前向きでボールを取って、そのままカウンターを出すというサッカーですね」
 
馬場のこの言葉がすべてを表現しているのかもしれない。とにかくピッチにいる選手が1人もサボることなく走り切る。相手に考えさせる時間を与えない。それは、「アスルクラロさんの勢いに、終始圧倒された試合だった」とファジアーノの牧内辰也監督も認めるほどだった。
 
前半の最大のチャンスは27分。左サイドのコーナーキックを、尾崎瑛一郎が馬場にショートパスすると、シンプルに得意の左足でセンタリング。これを空中戦に強い西村竜馬がヘディングでつなぐと、ボールは中央で待つ松尾へ。松尾は混戦の中でうまくボールをコントロールしてシュート。惜しくもクロスバーに直撃したが、そのボールが相手ゴールキーパーに当たってゴールの中へ……。しかしゴールラインギリギリでボールはかき出され、ノーゴールの判定。
 
前半を0-0で折り返す。
 

90分間通して全員の集中力が途切れなかった

後半に入ると、早々にピンチが訪れる。
 
後半7分。右足でアウトにかけたファジアーノ藤岡の強烈なミドルシュートがアスルクラロのゴールに迫ったのだ。しかし、この日唯一とも言えるこのピンチにも、石田はしっかりと集中していた。
 
「あのシーンは、本能的に体が動いていました。あれが決まっていたら、試合はまったく違うものになっていたと思うので、止めることができてよかったと思います」と石田は振り返った。
 
その後は、前半と同様にアスルクラロのペースが続く。試合後の監督会見で吉田監督が「最終ラインをどのように突き破るかという点で、バックパスをしてサイドを変えて攻めるという戦術は目指していません。ワンツーを入れて抜け出すか、ドリブルで突破をするか、シュートをするか、それだけです」と話したように、何度も相手ゴールを脅かすシーンを作る。しかし、なかなかゴールが割れない。
 
後半27分になると、松尾を下げスピードと前への推進力のある真野直紀がピッチへ。すると、その真野が馬場からのスローインをうまくコントロールしてドリブル突破。相手ゴールキーパーと一対一の場面を作り、左足を振り抜く。しかしこれはファジアーノのゴールキーパー似鳥康太がスーパーセーブ。
 
0-0のまま残り時間が10分を切ってもアスルクラロの足が止まることはなかった。そして後半40分過ぎ。ついに均衡が破れる。
 
中野が出した縦パスを受けた馬場が、シュート性のクロスボールを入れると、これが相手ディフェンダーに当たって直接ゴールへと吸い込まれていったのだ。
 
「あれは、ニアに速いボールを入れて、誰か突っ込んでくれればいいなと思って蹴り込みました。ラッキーではありましたが、チャレンジした結果だとも思うので、よかったです」と決勝ゴールを生んだ馬場は嬉しそうに語った。
 
その後もディフェンスの意識が高く、危ないシーンはほとんどなかった。それは前線からのプレスが試合を通して緩むことがなかったからだろう。福島ユナイテッドFCから移籍してきたフォワードの新はこう話す。
 
「前線の4人は誰がどこにいてもすぐに切り替えて守備をする。フォワードだから、中盤だからというのはなくて、その都度味方を見て、状況判断をするようにしています」
 
お役御免とばかりに、攻撃に、守備に走り続けた岡庭と新は、終盤に中西健人と御宿貴之と交代。交代で入った2人もきっちりと試合を終わらせる役目を果たし、見事1-0で勝利をもぎ取った。
 

次節はスタジアムで応援しよう!

試合を振り返って、吉田監督は次のように話す。
 
「守備のスタートポディションはよかった。どのように奪って、そこから攻撃につなげるかというのは意識的にできていた。でも、最後のフィニッシュのところで、質が少し高まらなかったので修正したいです。」
 
「静岡の東部に我々あり、ということをもっともっと見せていきたいと思っています。そのためにも皆さんの声援が必要です。ぜひ一緒に戦って、Jに行きましょう!」
 
アスルクラロの戦いはまだ始まったばかり。今後、チームが勝ち続けるためには、選手の頑張りはもちろん、サポーターの声援が不可欠だ。ぜひスタジアムで目一杯の声援を送ってほしい。
 
次の愛鷹でのホームゲームは3月22日13時キックオフ。対戦相手は百年構想クラブであるヴァンラーレ八戸だ。
 
なお、アスルクラロの応援グッズは試合会場で販売されている。フィールドプレーヤーとゴールキーパーの2種類があるレプリカユニフォームのほか、アスルクラロ沼津のオリジナルTシャツ、応援には欠かせないマフラータオル、さらには大中小の3つの大きさがあるフラッグなどもあるので、試合前やハーフタイム中に要チェックだ。

DATA

試合結果

ファースト・ステージ第1節(会場:愛鷹広域公園多目的競技場)
アスルクラロ沼津(1-0)ファジアーノ岡山ネクスト
メンバー)
GK 30.石田良輔 DF 18.尾崎瑛一郎(Cap.) 4.鴇田周作 3.西村竜馬 5.馬場将大 MF 2.中野翔太 7.鈴木将也 8.岡庭和輝(→19.御宿貴之[後半43分])10.蔵田岬平 FW 13.松尾篤(→11.真野直紀[後半27分]) 14.新裕太朗(→20.中西健人[後半40分])
 

ページの先頭へ