静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

互いに譲らずスコアレスドロー vs ヴァンラーレ八戸

-JFLファースト・ステージ第3節(2015.03.22)-
開幕戦で劇的な勝利をおさめたアスルクラロ沼津は、第2節ホンダロックSCの本拠地・宮崎に乗り込むも、1-2とわずかに力及ばず黒星を喫してしまった。白星を先行させ優勝の二文字に向かって勢いに乗りたいアスルクラロ。第3節はホームスタジアムである愛鷹にヴァンラーレ八戸をむかえた。ヴァンラーレはアスルクラロと同様にJリーグ入りを目指す「Jリーグ百年構想クラブ」であり、今季から昨季アスルクラロを指揮した望月一仁氏が監督を務めている。そんなライバルチームに、負けは許されないが──。

互いに得点チャンスを作りながらゴールは生まれず……

前半、試合の主導権を握ったのはヴァンラーレ。前節、流経大ドラゴンズ龍ケ崎から勝利をあげた勢いそのままに、アスルクラロを圧倒する。
 
4-4-2の布陣を取るアスルクラロに対し、ヴァンラーレは4-5-1。しっかりとブロックを作って守備をし、数的有利に立つ中盤でボールを保持。そこから長短のパスを交えた攻撃を繰り広げた。
 
アスルクラロもそれに負けず、昨季よりも安定感が増したセンターバックの西村竜馬と誰よりも強いハートを持つゴールキーパーの石田良輔を中心に、しっかりとゴールマウスを守り前半を0-0で折り返す。
 
「前半よりも後半に勝負を仕掛けようと思っていた」
 
そう話すアスルクラロの吉田謙監督の言葉通り、後半はアスルクラロが攻勢に出る。前半は1本だけだったシュート数も、後半は7本。特に左サイドを中心とした攻めで、決定的なチャンスも生んだ。
 
しかし最後のところでヴァンラーレの守備網を切り崩すことができなかった。
 
対するヴァンラーレも、後半の得点チャンスを活かすことができなかった。特に、キーパーへのバックパスのハンドで得た相手ゴール前での間接フリーキック。この絶好のチャンスも、決めきることができなかった。
 
90分間、両チームに得点が生まれないまま、試合終了のホイッスル。百年構想クラブ同士の戦いは、勝ち点1ずつを分け合うことになった。
 

アクシデント発生も、集中力を途切れさせなかった前半

ヴァンラーレのキックオフで開始された第3節。出だしの5分は、お互いに相手の出方をうかがい、甲乙つけがたい内容だったが、徐々にヴァンラーレが試合のペースを握り始める。長短を織り交ぜたパスから、アスルクラロのゴールに迫るが、アスルクラロの守備陣も集中し、決定的なチャンスには至らない。
 
「試合前から前半は我慢しようという話をしていました。チームのスカウティングで、ヴァンラーレは後半になって動きが鈍るとわかっていましたので」と吉田監督。前半にある程度攻め込まれることは、承知の上だったようだ。
 
しかし予期せぬ出来事が起こる。今節までフル出場のチーム一の長身センターバックの鴇田周作が、前半12分に負傷交代してしまったのだ。鴇田の代わりに出場した高橋寛太は、試合後にその心境を話す。
 
「実は公式戦が1年ぶりでした。そして、急遽出場ということで、アップは十分とは言えませんでした。でもいつ出番が来てもいいように気持ちだけはいつも準備していました」
 
吉田監督も試合後に「急遽の出番となった高橋もよく守ってくれた」と及第点を与える高橋の活躍ぶりもあって、その後も0点におさえた。
 
アスルクラロのチャンスらしいチャンスは、28分の一度。今季初先発となったスピードが売りの左サイドバック望月理人からのスルーパスを受けたフォワードの松尾篤がシュート。しかし、相手ゴールを割ることはできなかった。
 

絶好のチャンスもゴールが遠く……

後半に入ると徐々にペースを握りだすアスルクラロ。
 
「前半は中盤での攻防で負けていたので、後半はツートップを縦に並べて、セカンドボールを拾えるようにしました。ボールをキープすることもできて、左サイドのスピードある望月を活かすこともできたと思います」と吉田監督。
 
後半5分には、蔵田岬平のキープから左サイドを駆け上がった望月へパスが渡る。さらに7分にも左サイドから良い攻撃を作る。
 
しかし、11分に最大のピンチが訪れる。ディフェンダーのクリアボールをキャッチした石田のプレーがバックパスと見なされたのだ。
 
このチャンスに、出場停止明けのヴァンラーレ関口雄与がアスルクラロのゴールを狙うが、チーム全員で体を張ってシュートブロック。何とかピンチを切り抜けることに成功した。
 
アスルクラロの最大のチャンスは37分。右サイドを突破した蔵田からマイナス気味のグランダーのクロスが、ボランチから駆け上がった中野翔太へ。このボールをワンタッチで上手く前方に持ち出し、相手ディフェンダーを置き去りにすると、キーパーと一対一に。
 
が、右足でのシュートはゴールの頭上を越えてしまう。何度となくチャンスを生み出した後の、最大の得点機だっただけに、スタジアム全体が悔しさを滲ませた。
 
結局、試合はそのまま互いに譲らず0-0。アスルクラロは勝ち点を1積み上げ、1勝1敗1分。何としても、次節3月29日の流経大ドラゴンズ龍ヶ崎戦で勝ち点3を獲得したい。
 

愛鷹競技場へ行くには?

今節、後半にアスルクラロが見せた攻勢とともに大きくなっていったのが、スタジアムの声援だ。その声に後押しされた選手たちは、勢いを増していったように見えた。
 
やはりJへ行くには、もっともっと大きな声援が必要だと感じた瞬間だった。ということで、今回は愛鷹競技場へのアクセスについて触れたい。
 
マイカーをお持ちの方は、スタジアム周辺にある駐車場に止めて観戦できる。そうでない場合は、東海バスによる臨時バスが出ているのでぜひ利用したい。たとえば今節であれば、JR沼津駅北口を試合開始80分前と50分前に出ていた。試合終了後も、2本のJR沼津駅行きのバスがある。
 
3月14日のダイヤ改正により首都圏と沼津駅間のアクセスが向上している。今度の週末のお出かけに、「電車+バス」を利用して、愛鷹まで応援に行くのはいかがだろうか。
 

DATA

試合結果

ファースト・ステージ第3節(会場:愛鷹広域公園多目的競技場)
アスルクラロ沼津(0-0)ヴァンラーレ八戸
メンバー)
GK 30.石田良輔 DF 18.尾崎瑛一郎(Cap.) 4.鴇田周作(→15.高橋寛太[前半12分]) 3.西村竜馬 22.望月理人 MF 2.中野翔太 7.鈴木将也 8.岡庭和輝 10.蔵田岬平 FW 13.松尾篤(→19.御宿貴之[後半37分]) 14.新裕太朗(→9.齋藤翔太[後半22分])
 

ページの先頭へ