静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

4度目のJFL静岡ダービー vs HondaFC

-JFLセカンド・ステージ第3節(2015.07.04)-

ファースト・ステージに0-5と大敗を喫したのが、今節のアスルクラロ沼津の相手HondaFCだ。今節でこの“新”静岡ダービーも4試合目となる。未だHondaFCに土をつけたことがないアスルクラロだが、何としても沼津の誇りに懸けて勝利を手にし、勝ち点を上積みしたいところだが……。

JFL通算100試合の尾崎を中心に強敵へと挑むアスルクラロ

昨年、初めてアスルクラロが敵地・Honda都田サッカー場でHondaFCと対戦した時と同じように、雨の中での試合となったセカンド・ステージ第3節。2試合を終えて勝ち点1のアスルクラロは、上位進出のために是が非でも勝ち点が欲しいところだったが、前半は雨を含んだグラウンドを巧みに利用して素早い攻撃を仕掛けるHondaFCが、主導権を握る。
 
前半8分には、ファースト・ステージでも対アスルクラロの試合で、2得点をあげた伊賀貴一が、アスルクラロのディフェンスの隙をついた。左サイドバックの砂森和也から中央でパスを受けると、そのまま前を向いてミドルシュート。アスルクラロのゴール右上に突き刺さった。
 
さらに同19分には、伊賀の強烈なシュートがアスルクラロのゴールキーパー石田良輔の守るゴールに放たれる。石田はこれを何とか弾き出すも、そのこぼれ球にいち早く反応した栗本広輝が押し込み、HondaFCが2-0とアスルクラロを突き放す。
 
対するアスルクラロも、この試合でJFL通算100試合となった右サイドバックの尾崎瑛一郎を中心に、何とか流れを掴もうと試みる。前半ロスタイムには、尾崎瑛一郎からパスを受けた右サイドハーフの岡庭和輝が左足でセンタリングをあげる。このボールをフォワードの松尾篤が巧みにコントロールして、累積警告による出場停止明けの蔵田岬平がシュートを狙うも、相手ディフェンダーの寄せが速く、シュートに持ち込めない。
 
アスルクラロの攻撃陣は、シュートゼロで前半を折り返す。
 

後半は攻撃陣が奮闘するも、得点には至らず敗戦

「いつも通り、しっかり守備から入ろうと話したのですが、前半は相手の勢いに押し込まれてしまった。そこで後半は少しやり方を変えました。単純に裏に蹴りだすのではなく、しっかりと人数をかけて攻撃をしようと。そのためにも、一度フォワードにあてて、時間を作っていこうと話しました」
 
試合後に吉田謙監督がこう話した通り、後半になって徐々にアスルクラロも攻撃の形ができてくる。特に、後半18分から鈴木淳に替わって入った新裕太朗が流れを変えた。
 
「新裕太朗は、中盤やディフェンスラインからのボールを引き出せる。特にターンが上手いので、そこでうまくボールを収めることができればと思っていました。特に前半はHondaの強いプレッシャーに対して、前線の選手がボールを受けたがらず、裏にばかりボールを蹴ってしまった。そこを修正しようと話していました」
 
そう話すのは、この日もボランチで安定感のあるプレーを見せた鈴木将也。彼が言うとおり、後半はしっかりとボールを保持して、攻撃に時間を割くことができるようになった。
 
後半22分には、中盤からパスを受けた新が前を向き、チャンスを作る。左サイドを駆け上がった蔵田にパスが出ると、得意の左足でセンタリング。このボールが、ファーサイドで待つ松尾の頭に合うも、このヘディングシュートは惜しくもゴールの枠を捉えることができなかった。
 
前半はゼロだったシュート数も後半には7本。そこからも攻撃を修正することができたと言える。
 
しかし、相手のほうが一枚上手だった。後半23分。またも伊賀貴一がアスルクラロのゴールをこじ開けて、HondaFCが3-0とアスルクラロを突き放す。
 
残り20分でロングパスが得意な藤原拓也とスピードのある望月理人を投入するも、得点には至らず、3-0と力の差を感じざるを得ない敗戦となった。
 

PICK UP

前を向いて、1試合ずつ勝っていく

「ファースト・ステージも開幕戦こそ勝ったものの、第2節で負け、第3節で引き分けてしまった。でもその後3連勝し、チームは波にのることができました。今回もそれができると選手たちを信じています」と吉田監督。
 
鈴木将也も「一日一日の練習を集中して取り組んで、そこで積み重ねたものを試合で発揮すれば、勝ち続けられると思っています」と話した。
 
下を向いている選手はいない。セカンド・ステージはまだまだ始まったばかりなのだ。
 
次節は「スルガ銀行マッチ」と題して、7月12日(日)14時30分、FC大阪をホーム愛鷹にむかえる。通算成績でアスルクラロより上位にいる相手なだけに、絶対に負けられない熱い試合になることが期待される。
 
AC長野パルセイロからは平岡将豪が、松本山雅FCからは道上隼人が期限付き移籍で加入した。この2人の攻撃陣の活躍にも注目だ。
 

DATA

試合結果

セカンド・ステージ第3節(会場:Honda都田サッカー場)
アスルクラロ沼津(0-3)HondaFC
メンバー)
GK 30.石田良輔 DF 18.尾崎瑛一郎(Cap.) 15.高橋寛太(→23.藤原拓也[後半27分]) 3.西村竜馬 5.馬場将大 MF 17.太田一輝 7.鈴木将也 8.岡庭和輝 10.蔵田岬平 FW 13.松尾篤(→22.望月理人[後半27分])28.鈴木淳(→14.新裕太朗[後半18分])
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ