静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

好機作れず、0−1の惜敗 vs ヴェルスパ大分

-JFLセカンド・ステージ第5節(2015.07.19)-

前節・FC大阪戦で、セカンド・ステージ初白星を挙げたアスルクラロ沼津。その勢いのまま何としても連勝をしたいところだ。ホームグラウンドの愛鷹にむかえる相手は、アスルクラロと同じく、セカンド・ステージ初勝利を挙げたばかりのヴェルスパ大分。両チーム共に上位進出を狙う上で、負けられない試合である。

PKで先制点を許す

「まずシュートだ!」
 
アスルクラロの吉田謙監督からそんな檄が飛ばされたのが、前半10分のことだった。この日、初先発となった新加入の道上隼人が、右サイドでボールを受けると中央へ。シュートチャンスにも見えたが、道上はパスを選択する。
 
もちろんパスが悪いわけではない。攻撃への積極性が伝わるパスは、いくらでもある。しかし、吉田監督の目には、そのプレーが消極的に見えたのだろう。そしてその懸念のようなものは、現実となりアスルクラロは敗戦を喫してしまう。
 
ディフェンスラインを下げて、守備を固めてくるヴェルスパに対して、決定機を作り出せないアスルクラロ。逆に前半35分、相手にPKのチャンスを与えてしまう。
 
右サイドから投げ込まれたロングスローを、一度はセンターバックの藤原拓也がヘディングでクリアするも、そのこぼれ球を相手に拾われ、ミドルシュートを打たれてしまう。何とか近くにいた道上がシュートブロックに入るも、ボールが手にあたってしまいハンドの判定となったのだ。
 
PKを蹴るのは、ヴェルスパのミッドフィルダー大迫希。アスルクラロのゴールキーパー石田良輔は素早い反応を見せ、左手でボールに触るも、シュートの勢いが勝って、ゴールイン。先制点は、前節優勝候補のHondaFCを破ったヴェルスパが挙げる。
 
ヴェルスパが1点リードしたまま前半を折り返す。
 

相手の堅い守りを打ち崩せず……

「負けているアスルクラロさんは前に出てくることが予想されたので、ボールに食いついてきたところで追加点を狙いに行ければと思っていましたが、できなかった。結果的には、何とか全員でPKの得点を守り切った」と話す、ヴェルスパを率いる結城治男監督。
 
その言葉通り、ヴェルスパにPK以外のチャンスらしいチャンスは訪れなかった。その一方で、アスルクラロにもチャンスを作らせなかった。
 
さらに、アスルクラロにはイージーミスが続いた。特に気を付けなければならないディフェンスラインからのビルドアップのパスで、ミスが連発した。もちろんこれはパスの出し手だけの責任ではなく、パスの受け手の動きや選手全員の距離間の悪さがミスを誘発したといえる。
 
「相手のディフェンスは中央をしっかり固めてきたので、後半はグランドの幅を使って、サイドから人数をかけて崩そうと指示した」と吉田監督が話したように、サイドから攻め続けるも、相手のゴールを脅かすようなプレーは出ないまま、残り10分を切る。
 
最後には、ヘディングの強い西村竜馬を前線に置くパワープレーを仕掛けるも、攻撃は実らない。そして0-1のまま試合終了のホイッスルが鳴ってしまった。
 
年間順位で上位にいる鹿児島ユナイテッドFCやFC大阪が前日に敗戦し、勝ち点を縮められる絶好のチャンスだっただけに、非常に悔やまれる敗戦となった。
 
ただ収穫もある。PKを除けば、相手のシュート数は一試合を通じて2本に抑え込んだ。そのことについては、吉田監督も「良い守備の陣形ができていた」と語る。だからこそ、後は相手のゴールを脅かすような、攻撃面での積極性や躍動が待ち望まれる。冒頭の「まずシュートだ!」と吉田監督が檄を飛ばしたのは、その象徴であるように思えた。
 

PICK UP

次はアウェイ2連戦!

7月26日(日)セカンド・ステージ第6節の流経大ドラゴンズ龍ケ崎との試合と8月2日(日)第7節のヴァンラーレ八戸との試合は、ともにアウェイでの戦いとなる。
 
その後、JFLは1か月以上の中断期間に入るので、(再開は9月13日(日)のMIOびわこ滋賀戦)このアウェイ2連戦で勝ち点6を取るのと、取れないのとでは、夏の熱く厳しいトレーニングでのモチベーションに差が出てくるだろう。
 
つまり9月からのリーグで結果を出すためにも、絶対に勝たなければいけない試合なのである。まずは流経大ドラゴンズ龍ケ崎との試合。ファースト・ステージでは危なげなく勝っているので、試合内容を含め、圧倒したいところだ。ただし、相手は前節に強豪・奈良クラブを破っているだけに侮ってはならない。
 
さらにヴァンラーレ八戸との試合。前アスルクラロ監督でもある、望月一仁監督が率いるヴァンラーレ八戸は、ファースト・ステージを優勝している格上とも言える相手だ。どんなに泥臭い内容だとしても、何とか相手よりも1つでも多くゴールを挙げて、勝ち点3を手にすることができれば、きっとチームの調子は上向くはずだ。
 
見逃せないアウェイ2連戦、アスルクラロの奮闘に期待しよう。
 

DATA

試合結果

セカンド・ステージ第5節(会場:愛鷹広域公園多目的競技場)
アスルクラロ沼津(0-1)ヴェルスパ大分
メンバー)
GK 30.石田良輔 DF 18.尾崎瑛一郎(Cap.) 23.藤原拓也 3.西村竜馬 5.馬場将大 MF 17.太田一輝 7.鈴木将也 8.岡庭和輝(→14.新裕太朗[後半39分]) 26.道上隼人 FW 13.松尾篤(→20.中西健人[後半18分]) 32.平岡将豪(→10.蔵田岬平[後半20分])
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ