静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

3連勝。そして10/3の大一番へ! vs 栃木ウーヴァFC

-JFLセカンド・ステージ第9節(2015.09.20)-

前節、MIOびわこ滋賀戦での勝利の勢いそのままに、アスルクラロ沼津は栃木へと乗り込んだ。栃木県といえば、先日常総市などが大きな災害に見舞われたばかりだが、そんな彼の地を少しでも元気づけられればと、アスルクラロは支援物資や募金活動を行なった。さらにスタンドには、先日選手登録されたばかりの中山雅史選手の姿も……。栃木を訪れたサッカーファンを明るくする大きなプレゼントとなった。

岡庭の左足で先制ゴール!

「僕らは、全力でプレーする姿を見せることで、被災された皆さんの力になれればと思っていましたし、選手たちにもそう伝えました」
 
試合後、開口一番そう語ったアスルクラロ沼津の吉田謙監督。その言葉通り、アスルクラロも栃木ウーヴァFCも両チームともに、気持ちのこもったプレーが随所に見られた。
 
全国規模のリーグ戦は、Jリーグも含め、誰かが困ったら誰かが手を差し伸べるものだ。“3.11”のときもそうだったように、今回もスポーツの力を感じさせてくれたように思う。
 
前置きが長くなってしまった。試合は、前半からアスルクラロが有利にすすめるかたちとなった。
 
連勝中のアスルクラロに対して、栃木ウーヴァFCも前節ヴェルスパ大分を相手に3-1と快勝している。それだけに連勝を重ねたいところだったが、アスルクラロのチームとしての勢いに圧倒されてしまったようだ。
 
栃木ウーヴァFCの前田和也監督も試合後の会見で、「アスルクラロは、前節のヴェルスパとはすべてのプレースピードが違った」と話す。
 
アスルクラロは、前半開始早々から何度となくチャンスを作り、少しずつ相手を追い込んでいくと、前半42分。ついに試合が動く。
 
相手ディフェンダーの裏にできたスペースに何度も飛び出していたフォワードの鈴木淳がチャンスメイク。ラストパスを受けた岡庭和輝が、このボールを左足でシュート。これは相手ディフェンスのブロックにあうも、岡庭はこぼれ球にすばやく反応し、再度左足でシュートを放つと、栃木ウーヴァFCのゴールネットを揺らした。
 
ここ数試合、フォワードで使われることが増えていた岡庭和輝が、ファースト・ステージ第5節以来のゴールを決め、1-0で前半を折り返す。
 
岡庭自身、嬉しそうにこう話した。
 
「フォワードは大学時代に経験していました。もちろん今も学びながらプレーしているところですが、一番欲しかった得点を取れてよかったです」
 

今季初の3連勝!

サッカーでは、失点したチームのほうが試合のペースを握るということがよくある。リスクをかけて攻撃に転じるからだ。
 
しかし、連勝を重ねることでしか、「J昇格」への道は見えてこないアスルクラロは、攻撃の手を緩めることはなかった。前半と同様、後半もほとんどの時間を栃木ウーヴァFC陣内でプレーし続けた。
 
守りのほうでは、後半11分に一度だけ訪れたピンチも、集中力を欠かさなかったGK石田良輔がセーブ。交代選手も含め、粘り強く最後まで戦い抜いたアスルクラロが1-0のまま勝利を収めた。
 
この日の勝因について岡庭は話す。
 
「うちが今年の目標にしている“全力でプレーする”という部分と、中山さんの持っている情熱やサッカーに取り組む姿勢が、いい具合に重なっていると思います。(劇的に何かが変わったというよりは)相乗効果ですごくいい雰囲気になっているという感じです」
 
この日、別会場で行われていた鹿児島ユナイテッドFCは、HondaFCに先制点をあげながら、逆転されての惜敗。その結果、アスルクラロと鹿児島ユナイテッドFCの勝ち点差は、5に縮まった。
 

PICK UP

4連勝を目指すソニー仙台FC戦へ

「セカンド・ステージ、負けのなかったヴァンラーレ八戸を倒しました。もう1チーム負けがないのが、ソニー仙台です。ソニーを倒すのは僕らしかいないと思っています。美しいサッカーは必要ないと思っています。とにかく泥臭くてもいいから、得点を奪って勝つ。そんな我々のプレーをお見せしたいですし、ぜひ見に来てほしいとも思っています」
 
吉田監督は、このように熱く語ってくれた。10月3日(土)に愛鷹で行なわれる第10節は、アスルクラロ初の4連勝がかかっている。
 
相手はソニー仙台FC。年間通算順位で、単独トップを走っており、さらにアスルクラロがまだ勝ったことのない強豪でもある。
 
間違いなく苦戦を強いられるだろう。しかし、中山雅史の熱き魂も注入された目下3連勝中と勢いづくアスルクラロは、勝利しか目指していない。
 
JFL随一の実力者、ソニー仙台FCとの戦いは、絶対に見逃せない試合となるだろう。10月3日(土)は、何が何でも愛鷹(静岡県愛鷹広域公園多目的競技場)へ駆けつけよう。ゴン・ゴールも見られるかも!?
 

DATA

試合結果

セカンド・ステージ第9節(会場:栃木市総合運動公園陸上競技場)
アスルクラロ沼津(1-0)栃木ウーヴァFC
メンバー)
GK 30.石田良輔 DF 18.尾崎瑛一郎(Cap.) 23.藤原拓也 3.西村竜馬 5.馬場将大 MF 29.河津良一 7.鈴木将也 10.蔵田岬平 26.道上隼人(→32.平岡将豪[後半21分]) 28.鈴木淳(→13.松尾篤[後半11分]) 8.岡庭和輝(14.新裕太朗[後半42分])
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ