静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

負けが許されない中で勝つことの重み vs 横河武蔵野FC

-JFLセカンド・ステージ第11節(2015.10.18)-

前節、惜しくもリーグトップを走るソニー仙台に敗れ、年間通算順位4位の鹿児島ユナイテッドFCとの勝ち点差が8に広がったアスルクラロ沼津。残り試合は5試合。ここからは一つでも勝ちを逃せば、昇格の夢は潰えると言っていいだろう。そんな大きなプレッシャーのかかる今節の相手は、横河武蔵野FC。昨年のJFL昇格から一度も勝ちを逃したことのない、相性の良い相手でもある。

セットプレーからの流れで2得点!

先制ゴールは、前半6分だった。この日もボランチで安定感のあるプレーを見せた鈴木将也が、センターライン付近で上手くボールをキープし、右サイドを駆け上がった右サイドバックの尾崎瑛一郎へ。相手ディフェンダーと1対1の状態となった尾崎は、迷わずドリブルを仕掛けると、堪らず横河武蔵野FCの林俊介はファウルをしてしまう。

この右サイドからのフリーキックを蹴るのは、ファースト・ステージでも横河武蔵野FCから得点を奪っている蔵田岬平だ。得意の左足でゴールへ向かうカーブをかけた蔵田のキックは、直接ゴール右隅へと吸い込まれていった。

「最近は個人的にフリーキックの練習を念入りに行なっています。その中で今日は得点できたので、とても満足しています」と蔵田は嬉しそうに話した。

一時はディフェンスに重きを置くチーム事情で、先発から外されることもあった蔵田は、意識改革を行なった。これまでは疎かにしがちだった守備も、全力でプレーするようになった。その中で今季6ゴール目。残り4試合を全勝するためには、蔵田のゴールが欠かせないのかもしれない。蔵田自身からも、力強く、「今季10点を目指したいと思っています」というコメントもあった。

さらに前半32分にも、アスルクラロは得点のチャンスをつくる。今季2度目の出場にして初の先発メンバーに選ばれた石川喬穂が、尾崎からパスを受けると、センタリング。ニアサイドに走り込んだフォワードの平岡将豪がスルーをすると、フリーだった岡庭和輝が右足を振りぬく。

このチャンスは、残念ながら得点に結びつかなかったが、吉田監督が「石川はここ最近、調子を上げてきた選手の一人なので、先発で使いました。彼の人間力というか頑張るプレーは、チームを助けると信じて使いました」と話した通り、初先発とは思えないほど要所で石川のプレーが光っていた。

鈴木将也の今季2ゴール目で勝負あり

1点リードで迎えた後半は、やや横河武蔵野FCが盛り返す試合展開になった。ボール保持率を高めた横河武蔵野FCが徐々に、アスルクラロのゴールに迫り始めると、後半15分には、3回続けてコーナーキックを獲得。

しかし、アスルクラロの守備陣、そして先発復帰を果たした大畑拓也は、高い集中力で相手の攻撃を防ぎきると、その直後にアスルクラロがチャンスを獲得する。

相手のバイタルエリアでボールを受けた岡庭が鋭いターンで突破を試みると、ファウルを獲得。このフリーキックを尾崎が蹴ると、一度はディフェンスに弾かれるも、そのボールはペナルティエリアの外で待っていた蔵田の下へ。

利き足ではない右足でドライブをかけたシュートを放つと、相手ゴールキーパー飯塚渉がパンチング。そのこぼれ球にすばやく反応した鈴木将也が右足を振りぬき、追加点を奪取。

その後も、危なげない試合運びを見せたアスルクラロが、2−0のまま横河武蔵野FCから勝利をおさめた。

PICK UP

今節の勝ち方に見るアスルクラロの成長ぶり

勝ちが絶対条件の試合では、攻撃を急ぐあまり、選手同士の歯車が噛み合わないことが多い。闘志ばかりが先行して、チームの状態がちぐはぐになってしまうからだ。程度の差こそあれ、それはどんなチームにおいても起きる。そこで重要なのは先制点、そしてセットプレーだ。

早い時間に点が奪えれば、時間の経過と共に沸騰してくる選手たちの“熱”を抑えることができる。また、セットプレーについては、試合が一時ストップするため、一度冷静になってからプレーに臨むことができる。

そう考えると、勝ちが絶対条件であったアスルクラロの試合運びは、試合巧者といえるものだった。「流れの中での得点のほうがベスト」と考える人もいるだろうが、1点は1点であるからだ。よく言われる“勝ち癖”も、こういう試合からついてくるものだ。

今節のような勝ち方は、チームや選手一人一人にとって、大きな財産、経験にもなるだろう。

残すところあと4試合。次節の相手は、FCマルヤス岡崎。10月25日(日)13時キックオフ、場所は富士総合運動公園陸上競技場だ。

この試合では、アスルクラロの中山雅史ばかりではなく、今季からFCマルヤス岡崎に加入した清水商業高校(現・清水桜が丘)出身の佐野裕哉も見られるはずだ。静岡のサッカーファンにとって、楽しみな一戦となることは間違いない。

DATA

試合結果

セカンド・ステージ第11節(会場:味の素フィールド西が丘)
アスルクラロ沼津(2−0)横河武蔵野FC
メンバー)
GK 21.大畑拓也 DF 18.尾崎瑛一郎(Cap.) 23.藤原拓也 3.西村竜馬 5.馬場将大 MF 29.河津良一 7.鈴木将也 10.蔵田岬平(→14.新裕太朗[後半49分]) 6.石川喬穂(→26.道上隼人[後半12分])FW 32.平岡将豪 8.岡庭和輝(→13.松尾篤[後半23分])

icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ