静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

先制を許すも危なげなく勝ち点3を獲得 vs 栃木ウーヴァFC

─JFLファースト・ステージ第4節(2016.03.27)─

目下、3連勝中と勢いにのるアスルクラロ沼津は、開幕4連勝を懸けて、百年構想クラブ同士の戦いに挑む。その相手は、今シーズン未だ勝ち点のない栃木ウーヴァFCだ。しかしアスルクラロを率いる吉田謙監督も、「相手は3連敗中だからこそ、必死になってやってくる。我々はそれ以上に必死にならないと勝つことはできない」と抜かりはない。「全試合が決勝戦」とは、吉田監督が何度も口にしている言葉だ。だからこそ全試合全力で勝ちにいく。ただ、それだけだ。

太田一輝の活躍で逆転!

試合開始早々、チャンスをつかんだのは栃木ウーヴァFCだった。前半2分。栃木ウーヴァFCのキャプテン阿部琢久哉から、中央で待つ身長188センチの若林学へとロングボールが蹴り込まれる。J1での出場経験もある若林はこのボールに競り勝つと、素早く反応した平井晋太郎がシュートに持ち込む。アスルクラロのゴールキーパー大畑拓也もいきなり訪れたピンチに反応できず、平井のシュートはアスルクラロのゴールへと吸い込まれていった。
 
「高さのあるフォワードにロングボールを入れて、セカンドボールで勝負するということは想定していました。その中で、失点シーンではファーストボールで競り負けて、セカンドボールでも相手に拾われて失点してしまった。ボールを奪うチャンスは二度あった。その2回とも負けてしまった。そこはJリーグを目指すチームとして絶対にしてはいけないミスでした」と吉田監督も話したように、アスルクラロの守備陣の動きが一瞬止まったスキをついた栃木ウーヴァFCが、先制ゴールをあげた。
 
しかし、そこで下を向く選手は、今のアスルクラロには1人もいない。直後の前半3分には、相手陣内での激しいプレッシングによってボールを奪った太田一輝が絶好の位置でファウルを受けると、怪我から復帰し、2試合つづけて先発出場となった尾崎瑛一郎が直接ゴールを狙った。このシュートは惜しくもゴール左にそれてしまうが、徐々にアスルクラロは栃木ウーヴァFCを圧倒し始める。
 
すると、前半15分。またも相手陣内でボールを奪った太田一輝が、ドリブルから右足でゴールを狙うと、このシュートがゴール右隅に決まって同点。
 
「ゴールまでの道すじが見えました。うまくコースに流しこむことができたかなと思います。毎試合、点を取ってやろうと積極的に前に出てるんで、今日は取れてよかったです」と太田は自身JFL初ゴールとなる同点弾を嬉しそうに語った。
 
さらに後半28分。右サイドで相手ディフェンスの裏に抜けた太田にスルーパスが送られると、太田は迷わずセンタリングをあげる。このセンタリングが逆サイドを駆け上がっていた鈴木淳に渡ると、鈴木は鋭いセンタリングで中央に折り返す。このボールを薗田卓馬が頭で合わせて、栃木ウーヴァFCのゴールネットを揺らす。薗田の2試合連続となるゴールで、2-1と逆転することに成功した。
 
「(鈴木)淳くんのセンタリングがすごく良かったので、あとは相手のゴールキーパーをよく見て、空いているところにヘディングを流しこむだけという感じでした」と謙遜する薗田だが、強靭なバネによる滞空時間の長いジャンプができるからこそのゴールだともいえるだろう。「自分は身長がそこまで高くないんですけど、バネがあることが特徴だと思っているので、相手の背が高くても競り勝てる自信はあります」と薗田自身もヘディングに自信を見せた。
 
チャンスシーンこそ、あまり見られなかったが、終始相手を圧倒する内容で、前半を折り返した。その背景には、「太田一輝は、スピードはないけど、誰よりも運動量がある選手です。相手を見て、背後に出る、中に入るというプレーを繰り返していた」と吉田監督が話したように、太田の活躍があったことは誰の目にも明らかだった。
 

1点でも多く得点を奪いにいく姿勢

「誰か競る人間がいたら、かならず1人はカバーリングをしようということをハーフタイムに修正しました」と振り返った吉田監督。その言葉通り、後半に入っても、栃木ウーヴァFCに決定的なチャンスは訪れない。
 
先にチャンスを掴んだのは、アスルクラロのほうだった。後半2分、相手ディフェンスのハンドでフリーキックを獲得。今節、先発復帰を果たした馬場将大から高さのある谷奥健四郎にロングボールが蹴り込まれると、谷奥が競り勝って頭で折り返す。すると、素早く反応した鈴木が、右足でスライディングシュート。これがゴール右隅に決まって、アスルクラロが2点にリードを広げる。
 
攻撃の手を緩めないアスルクラロは、前節でも途中出場ながら得点を奪った中村亮太と中筋誠をピッチに送り出すと、後半31分に、太田のヒールパスから中村が左足で角度のないところからゴールを狙う。このシュートは惜しくも外れてしまったが、アスルクラロからは時間を稼ごう、守りに徹しようという気がさらさらないことが伺い知れた。
 
すると、その直後の後半34分に、相手のパスをインターセプトした鈴木将也が、センターサークル付近から超ロングシュートを狙う。
 
これが見事な弧を描いて、ゴールイン。「相手ゴールキーパーがかなり前に出ていたので、ずっと狙っていました」と鈴木将也。吉田監督も、「まずゴールを目指すという気持ちを前面に出すという意味では、4点目のロングシュートによく現れていると思います。ボールを持ったら、まず顔を上げて、ゴールを狙う。キーパーが前に出ているなら、ロングシュートを狙う。その姿勢が産んだゴールだったと思います」と満足気に語る。リードを奪っても、簡単に守りに入ることはしない。そのことは、チームに勢いがついている証拠だろう。
 
後半44分にも最前線にまで顔を出した太田がシュートを放つなど、試合を通じて栃木ウーヴァFCを圧倒したアスルクラロが、4-1で危なげなく勝ち点3を獲得した。
 

PICK UP

チームとしての地力がついてきた

「最初のメンバー表ではスリーバックでしたが、いざ試合になってみたらフォーバックでした。そういった駆け引きがある中で、両方の情報をメンバーには伝えました。メンバー表にはスリーバックとあったけど、試合になったら違うかもしれないと伝えた。僕はフォーバックでくると思うと伝えていました。蓋を開けてみると、フォーバック気味のスタートでした。それもあって、選手たちはすんなり試合に入れたのかなと思います」
 
この吉田監督の言葉のように、アスルクラロはチームとして経験値を積み、徐々に地力をつけてきているように感じる。まさにJを意識した、上を目指すチームだといえる。今季、福岡大学から加入したルーキーの薗田も、次のように話す。
 
「今J2のレノファ山口にいる岸田和人さんは、自分が大学1年のときの先輩なので、自分も同じようにステップアップできればいいなと思っています。正直、手応えはあります。1試合1点は必ず取りたいと思っていますし、これからどんどん点を取っていって、上を目指したいです」
 
今季のアスルクラロの選手たちからは、上を目指すという意識を強く感じる。相手に勝つだけではなく、さらに内容でも圧倒するという強い意識もひしひしと伝わってくる。
 
もちろんまだ昨年の上位チームとの対戦はこれからのため、言い切ることはできないが、それでも今季は「上を目指すんだ」という気持ちの部分での違いを感じる。チームには昨年それが欠けていたというわけではないが、それでもその思いの強さは、選手や監督から昨年の数倍も感じる。
期待することは時期尚早だが、いやが上にも期待してしまう。そんな状態だ。ぜひそのワクワク感を試合会場で観て感じてほしい。
 
次節は4月2日(土)13時から富士総合運動公園陸上競技場で開催される。富士山が見守る中、5連勝を目指すチームに大きな声援を送ろう。
 

DATA

試合結果

ファースト・ステージ第4節(会場:栃木市総合運動公園陸上競技場)
アスルクラロ沼津(4-1)栃木ウーヴァFC
メンバー)
GK 21.大畑拓也 DF 5.馬場将大 3.藤原拓也 28.谷奥健四郎 18.尾崎瑛一郎(Cap.)MF 7.鈴木将也 24.沓掛勇太 17.太田一輝 FW.10.青木翔大(→9.中村亮太[後半19分]) 19.薗田卓馬(→20.中筋誠[後半27分]) 13.鈴木淳(→2.石川喬穂[後半37分])
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ