静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

先制するも悔しい逆転負け vs MIOびわこ滋賀

─JFLファースト・ステージ第8節(2016.04.23)─

今節の相手は、過去2年間の対戦成績が2勝1分と、相性のよいMIOびわこ滋賀。東海道新幹線・米原駅で近江鉄道に乗り換え、伊豆箱根鉄道駿豆線や岳南電車岳南線のようなどこか懐かしい電車に揺られること1時間で最寄り駅に到着する……という会場でありながら、静岡県東部から駆けつけたサポーターの声は、MIOびわこ滋賀と同等かそれ以上にスタジアムに響く。ファースト・ステージ優勝へ向け「ここが正念場」とアスルクラロ沼津のイレブンも気合が入っているが、果たして──。

幸先良く薗田が先制点を決める

「ニアサイドが空いていたので、狙ってシュートを打ちました」そう話す薗田卓馬のシュートが決まったのは、試合開始からわずか4分のことだ。
 
キックオフの笛と同時に、前線からハイプレスを仕掛けるアスルクラロ。相手ボールを高い位置で奪うと、すかさず左サイドを飛び出した薗田にボールが渡り、ドリブルを仕掛ける。さらに、薗田は中盤から駆け上がってきた中央の白石智之にパスを送った。
このパスはわずかにずれて、相手にカットされるも、薗田はすぐに守備へと切り替えてボールを奪いにいく。相手ディフェンダーからボールをかっさらった薗田は迷うことなく右足でゴール左にシュート。
 
相手の意表をついたシュートで、ゴールキーパーは反応できず、ボールはゴールへと突き刺さった。幸先良くアスルクラロが先制点を奪った。
 
さらに前半10分にも、薗田が前線で相手ボールを奪い、今季初出場の道上隼人にパスをつなぐと、最後は鈴木将也が左足でミドルシュートを狙うも、ボールはゴールの左へとそれていった。
 
そこから試合は、MIOびわこ滋賀が盛り返す。前半12分、26分とアスルクラロのゴールに迫り、シュートまで持ち込んだ。いずれもゴールキーパー石田良輔と、前節と同じ顔ぶれのディフェンス陣が体を張ってブロック。相手にボールをキープされる時間が多くなったものの、決定的なシーンは作らせないという拮抗した試合展開となった。
 
前半は1-0と、アスルクラロがリードのまま折り返す。
 

ミスから生まれた失点で苦杯をなめる

後半に入っても、試合のペースはMIOびわこ滋賀が握る。しかし吉田謙監督は「ボールをキープされても、きちんとブロックを作って守っていればいいだけ」と話す。その言葉通り、アスルクラロのゴールに迫るシーンこそあれ、得点は奪わせないまま時間だけが経過していった。
 
しかし、後半23分に一昨年アスルクラロで活躍した柳澤隼が途中交代でピッチに立つと、攻撃に変化が表れる。
 
「柳澤は技術の高い選手で、彼が入ったことで相手の攻撃のリズムが変わりましたね」と吉田監督も話したとおり、あえてダイレクトパスのコンビネーションを止めたり、サイドチェンジをしたりと、アスルクラロの守備を翻弄する。
 
すると、後半39分。柳澤から右サイドを駆け上がった坂本一輝にボールが渡ると、坂本はダイレクトシュートを放つ。アスルクラロのセンターバック藤原拓也もシュートブロックに入ったが、不運にも藤原の足に当たったボールが弧を描いてゴールへと吸い込まれてしまった。
 
これで1-1の同点とされると、さらにその5分後のロスタイム。MIOびわこ滋賀の10番を背負う齋藤達也がフリーキックを蹴り込む。このハイボールは、石田が飛び出してキャッチするも、わずかに手元がすべってボールをこぼしてしまう。その隙を見逃さなかった坂本がダイレクトでシュートを打つと、これが無人のゴールへと入っていった。
 
悔やまれるイージーミスからの失点で、1-2と逆転を許す。アスルクラロも残された時間に、途中交代で入った中村亮太がシュートを狙うも、これは相手ゴールキーパーのファインセーブに合い、ゴールならず。
 
残念ながら苦杯をなめる結果となった。
 

PICK UP

まだまだ優勝の芽は残されている

今節はファースト・ステージの折り返し地点。JFLはいよいよ勝負の後半戦へと入っていく。ここで改めて優勝の可能性を考えてみたい。
 
昨年のJFLファースト・ステージ優勝チーム(ヴァンラーレ八戸)の勝点は34、セカンド・ステージ優勝チーム(ソニー仙台FC)の勝点は37だ。現在アスルクラロの勝点は16で、残り試合が7なので、すべての試合で勝利をすれば勝点37となり優勝ラインに乗る。しかし口では簡単に言えても、成し遂げることは相当難しいと言える。
 
特にアスルクラロに残された対戦相手は、現在上位にいるFC大阪、ヴァンラーレ八戸、ソニー仙台FC、そして未だ白星をあげたことのないHonda FCが待ち受けているからだ。
 
おそらく1点差を争う熾烈な戦いが続くことが予想される。そこで重要なのは、精神力だ。実力が拮抗した中では気持ちが勝敗を分けるからだ。そしてその気持ちを高めるうえで重要なのは、サポーターからの声援だ。MIOびわこ滋賀のホームゲームを取材して、あらためてアスルクラロのホームゲームの盛り上がりが、大きなものだということに気付かされた。これは選手たちも感じていることだ。
 
だからこそ、今まで以上の声援を送ることができれば、ファースト・ステージの前半戦以上の良い結果が、生まれることだろう。
 
次節ホームゲームは、4月29日(祝)13時キックオフ、裾野市運動公園陸上競技場。ぜひ会場で選手たちに力を送ってほしい。
 

DATA

試合結果

ファースト・ステージ第8節(会場:東近江市布引運動公園陸上競技場)
アスルクラロ沼津(1-2)MIOびわこ滋賀
メンバー)
GK 30.石田良輔 DF 5.馬場将大 4.田中舜 3.藤原拓也 18.尾崎瑛一郎(Cap.) MF 7.鈴木将也(→6.宮田直樹[後半38分]) 24.沓掛勇太 14.道上隼人(→13.鈴木淳[後半23分]) 23.白石智之 FW19.薗田卓馬(→9.中村亮太[後半29分])10.青木翔大
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ