静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

今季初の連敗を喫する vs ヴェルスパ大分

─JFLファースト・ステージ第9節(2016.04.29)─

ここまで5勝1分2敗と5位につけるアスルクラロ沼津。昨季の優勝ラインを考慮すると、ファースト・ステージ優勝のためにはもう一つも負けが許されない。対するヴェルスパ大分は、いまだ今季の勝ち星はゼロという状況に置かれている。お互い、次のステップに進むために負けられない一戦だ。

ロスタイムでの失点で2連敗

薗田卓馬、青木翔大、中村亮太という、アスルクラロが誇る強力なフォワードを3人同時に起用して臨んだ今節だったが、前半は思うように攻めることができなかった。
 
前半10分には、左サイドハーフの白石智之が、右サイドのスペースにまで飛び出し、中央で待つ薗田にグラウンダーのクロスをあげるも、相手ディフェンスが必死の体を投げ出してブロック。
 
さらに24分には、中村から右サイドのオープンスペースにいる尾崎瑛一郎へとパスがわたる。尾崎は、もう一度中村にボールを返し、シュートチャンスとなるも、中村は空振りしてしまう。
 
アスルクラロの前半唯一のシュートは、前半28分の白石によるミドルシュートだったがゴールの枠を捉えることができず。
 
それ以外に決定機らしい決定機はなく、シュート数が1のまま前半を終えることになった。
 
後半に入ると、エンジンがかかったアスルクラロがヴェルスパ大分のゴールに迫るシーンが増える。
 
後半5分には、左サイドで白石がボールキープをすると、オーバーラップをした左サイドバックの馬場将大が得意の左足でセンタリングをあげる。これに飛び込んだ薗田がヘディングシュートを放つ。7分にも、鈴木将也、尾崎、中村と繋いで、最後は薗田が左足でミドルシュートを狙うが、いずれもゴールラインを割ることはできなかった。
 
最大のチャンスは後半10分。薗田が放ったシュートを相手ディフェンダーがブロックするも、そのこぼれ球にいち早く反応した白石がセンタリング。逆サイドを駆け上がった尾崎にドンピシャで合うと、尾崎は迷うことなくヘディングシュート。しかし、わずかにゴール右に外れてしまう。
 
後半33分にも、右サイドで相手ディフェンスの裏を取った中村が、キーパーと一対一の場面をつくり、角度のないところから右足で強烈なシュートを放った。が、これもゴールの枠から外れてしまう。
 
立て続けに攻め入るアスルクラロだったが、後半ロスタイムに、ヴェルスパ大分のカウンターを受ける。原一生、鍔田有馬と繋ぎ、最後は途中交代で入った杉本恵太が右足を振り抜くと、これがアスルクラロのゴールに突き刺さった。
 
このゴールが決勝点となり、1-0でヴェルスパ大分が今季初勝利をあげた。
 

同じ方向に進んでいくこと

「大分も、昨日震度3の地震があって、選手も本当にゆっくり眠れる時間がないという中で、“九州がんばろう”というテーマで戦いました。最終的に、主導権を握られ、非常に苦しい戦いでしたけど、アウェイで勝てたことをたいへん嬉しく思っています」
 
ヴェルスパ大分の佐野達監督は、試合後の記者会見でこう話した。実際、2節前には、練習もできずに試合に臨まなければならなかったり、今も家の中がごった返している選手もいるのだという。
 
そのヴェルスパ大分は、残り時間がほとんどないロスタイムに、アスルクラロからゴールを奪った。そして、1-0で今季初勝利をあげた。勝利を告げる試合終了のホイッスルが鳴ったとき、選手たちはその喜びを全身で表現していた。
 
「同じ方向に進んでいくこと」
 
それはサッカー選手にとって、簡単なようでいて簡単ではない。試合に出場できる選手もいれば、そうでない選手もいる。先発に選ばれた選手がいれば、先発を外された選手もいるからだ。
 
今節のアスルクラロにそれがなかったかと言えば、そんなことはない。アスルクラロの吉田謙監督も、「1週間前、試合に負けた後に、みんなで非常によいトレーニングをして、ブレずにやってこられた。今日の試合内容も良かったので、もう一度みんなで前を向いて進んでいきたい」と語っていた通りだ。
 
それでも、その団結力をもって勝利をもぎ取ったのはヴェルスパ大分だった。アスルクラロとしては、この敗戦を糧にして、いっそうの団結力を高め、次節の勝利に全力で取り組むほかない。
 
残念ながら、アスルクラロで3年目のシーズンを迎えた蔵田岬平が、完治まで半年以上かかる大きな怪我を負った。チームとしても、蔵田自信としても、辛いものだ。
 
でも、吉田監督が「非常に残念なことですが、逆にそれは蔵田が乗り越えなければいけない試練が与えられたのだと思っていますし、チームとしても彼が抜けた穴を引きずることなく、全員で穴を埋める、団結して戦わなければいけないという合図だとも思っています。みんなで一つにまとまって、ベクトルを合わせて戦いたいです」と話したように、起きてしまったことを悔やむのではなく、前を向いて一歩ずつ進んでいくしかない。
 
それは、ヴェルスパ大分の姿を見ていてもハッキリとわかったことだろう。その意味で、今節の敗戦は、ただの敗戦ではないように思う。アスルクラロが、チームとしてさらに一つ成長するために必要な敗戦だったのだ。
 
シーズンを戦い終え、一年間を振り返った時に、「あの負けがあったからこそ、今の成長した我々がある」と、そう思うために。
 

PICK UP

いよいよ強敵との3連戦をむかえる

試合終了後、清水商業高校(現・清水桜が丘)出身の佐野監督は、アスルクラロの中山雅史と「サッカーの街である静岡は、サッカーが文化として根付いていましたが、全国の他の県がどんどん伸びている中で、もう一回、サッカーの街・静岡ということを復活させないといけない」という話をしたという。
 
静岡県の中で、東部地区は相対的にサッカーが見劣りする。そのことは周知の事実だが、そんな東部だからこそ、もっとも伸びしろがある地区だともいえる。その中でアスルクラロが担う役割は、計り知れないものがある。そのことと、中山雅史がアスルクラロを選んだことは、決して無関係ではないだろう。
 
中山は、4月24日に行われた横浜FCとの練習試合で、約20分間出場した。チームの起爆剤としての中山の活躍にも期待したい。
 
次の5月8日(日)に御殿場市陸上競技場で開催されるホームゲームから、強敵との3連戦が待ち受けている。当節はFC大阪と対戦し、翌週はヴァンラーレ八戸、翌々週はソニー仙台FCが相手となる。今季のアスルクラロの命運を握るこの3連戦から目が離せない。
 

DATA

試合結果

ファースト・ステージ第9節(会場:裾野市運動公園陸上競技場)
アスルクラロ沼津(0-1)ヴェルスパ大分
メンバー)
GK 21.大畑拓也 DF 5.馬場将大 4.田中舜 3.藤原拓也 18.尾崎瑛一郎(Cap.) MF 7.鈴木将也 24.沓掛勇太 23.白石智之(→17.太田一輝[後半40分]) FW 9.中村亮太(→14.道上隼人[後半34分]) 19.薗田卓馬 10.青木翔大(→20.中筋誠[後半16分])
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ