静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

鈴木淳の決勝ゴールで首位・FC大阪を撃破! vs FC大阪

─JFLファースト・ステージ第11節(2016.05.08)─

第10節現在、首位を走るのはFC大阪、今節のアスルクラロ沼津の対戦相手だ。3位につけるアスルクラロとFC大阪の勝点差は7、残り試合は5試合。ここで勝利をあげれば勝点差を4につめることができ、ファースト・ステージ制覇への望みがつながる。つまり、「負けられない試合」なのではなく、「勝たなければいけない試合」だといえる。

前半はスコアレスで折り返す

前半3分。いきなりゴールを割ったのは、長いボールをゴール前に放り込むFC大阪だった。右からのコーナキックのクリアボールを拾われ、センタリングがあがると、得点ランキングでトップを走る川西誠が競り勝ち、ヘディングシュート。これがアスルクラロのゴールネットを揺らした。
 
いきなりの失点か、と思われたがこれはオフサイドの判定でノーゴール。アスルクラロは、一難を逃れると、すぐさま反撃に出る。その直後の4分には、青木翔大、薗田卓馬とつないで、最後は中村亮太がミドルシュート。
 
これは惜しくもキーパーの正面に飛んでしまうが、昨年、FC大阪のトップスコアラーだった中村は、古巣相手に何度も牙をむく。前半25分には、センターライン付近で得たフリーキックでもチャンスが訪れる。藤原拓也のプレスキックに、逆サイドから猛然と駆け上がった中村が合わせるも、わずかにタイミングが合わずゴールの枠を捉えることができなかった。
 
前半は、FC大阪のシュートが3本、アスルクラロのシュートが4本と、上位対決らしい緊張感のある拮抗した試合展開で、スコアレスのまま折り返す。
 

上位対決を制し、2連勝を飾る

「今日のゲームプランは、コンパクトな状況を常に作り出すということです。サッカーは広がったり、縮んだり、いろんなことが起こるので、コンパクトさを保ち続けるということは難しいのですが、声で生まれる求心力だったり、人と人の距離間だったり、信頼感だったりによって、今日はコンパクトな陣形を保つことができたと思います」
 
この吉田謙監督の言葉通り、後半に入っても選手間の距離が短く保たれたアスルクラロは、セカンドボールを拾うこと、インターセプトを成功させることで、相手を上回り、試合を優位に進める。
 
後半のシュート数が9本という数字にも表れている通り、何度となくFC大阪のゴールを脅かすチャンスがあった。しかし、ファースト・ステージで未だ負けなしのFC大阪も最後のところでアスルクラロに得点を許さぬまま、時間だけが過ぎていった。
 
拮抗した試合に終止符を打つべく、吉田監督は残り10分を切ったところで、ドリブルの得意な白石智之と豊富な運動量で前線から相手にプレッシャーをかけ続けることができる鈴木淳を投入する。
 
すると、後半ロスタイム2分。待望のゴールが生まれる。
 
相手ゴールキーパーのパントキックを中村がヘディングで跳ね返すと、このクリアボールをFC大阪のディフェンダーが、ヘディングでゴールキーパーへのバックパスを試みる。このヘディングがうまく当たらず、そのミスを見逃さなかった鈴木淳がいち早く反応し、相手ゴールキーパーよりも先にボールに到達すると、ループシュートを放った。これが無人のゴールへと吸い込まれていき、ゴール。土壇場で決勝点をあげることに成功した。
 
残り1分間、この1点を守り切ったアスルクラロが首位のFC大阪から勝点3を奪取した。
 

PICK UP

チーム全員で戦うということ

試合後、サポーターに向けて、キャプテンの尾崎瑛一郎が「まだまだここから」と声を上げていたが、その言葉通り、大切なのはこの勝利をどう次につなげるかだ。すでに次節に向けて、チームは動いている。
 
FC大阪との上位対決に勝利した翌日、チームはSC相模原のギオンスタジアムの脇にあるグラウンドにいた。SC相模原とのトレーニングマッチに臨むためだ。
 
メンバーはFC大阪との試合で途中出場し、決勝ゴールをあげた鈴木淳や中山雅史らを含む15人だ。
 
試合は、一昨年までSC相模原に所属した鈴木淳のセンタリングを、中筋が巧みにコントロールして相手をかわし、強烈なシュートを打ち込んで決めたゴールなどでアスルクラロが勝利した。FC大阪戦の記者会見でも、吉田監督は「バックアップメンバーは、中山雅史さんも含め、全員の練習の態度が本当に素晴らしく、“俺を使え”という気持ちがこもっています。そういう人たちがいるからこそ、チームが支えられていると感じています」と話していたように、サブメンバーのモチベーションも高い。実際、このトレーニングマッチでも、公式戦と同等か、それ以上にピッチでは大きな声が出ていた。
 
さらに、試合時間が残り15分を切ったところで中山もピッチに登場。前日にブラウブリッツ秋田戦でフル出場した“戦友”の川口能活もベンチで見守る中、精力的に汗を流していた。
 
次節は、青森県に乗り込んでのアウェイ・ヴァンラーレ八戸戦。そこにはかつて共にワールドカップに出場した市川大祐がいる。この試合に中山が帯同するかはわからないが、中山が市川から“刺激”を受けないはずがない。中山がピッチに立つ日は、確実に近づいて来ている。
 
そして、次のホームゲームは、5月21日(土)13時に富士総合運動公園陸上競技場で開催される。相手は、昨年のJFL覇者・ソニー仙台FCだ。ファースト・ステージ優勝に向け、絶対に勝たなければいけない戦いは続く。現在、上位を走るFC大阪や流経大ドラコンズ龍ヶ崎を追い越すためにも、これまで以上に大きな声援を送りたい。
 

DATA

試合結果

ファースト・ステージ第11節(会場:御殿場市陸上競技場)
アスルクラロ沼津(1-0)FC大阪
メンバー)
GK 21.大畑拓也 DF 5.馬場将大 4.田中舜 3.藤原拓也 18.尾崎瑛一郎(Cap.) MF 7.鈴木将也 24.沓掛勇太 17.太田一輝(→23.白石智之[後半37分]) FW 9.中村亮太 19.薗田卓馬(→13.鈴木淳[後半28分])10.青木翔大(→20.中筋誠[後半37分])
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ