静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

昨季王者とドロー。 次節はスルガ銀行マッチ! vs ソニー仙台FC

─JFLファースト・ステージ第13節(2016.05.21)─

前節・ヴァンラーレ八戸との百年構想クラブ同士の対決を制し、3連勝で臨む第13節の相手は、昨季JFLを制したソニー仙台FC。ファースト・ステージ優勝の可能性が残るアスルクラロ沼津にとって、目指すは勝利のみ。そして、次の第14節、ファースト・ステージ最後のホームゲームはスルガ銀行マッチ。ラインメール青森を富士に迎え、セカンド・ステージに弾みをつける勝利を目指す。

先制ゴールはアスルクラロ!

今節の相手は、過去2年間、一度も勝利をあげたことがないソニー仙台FC。しかし、アスルクラロの吉田謙監督自身、「相手が強豪だと思ったことはない。ただ全力で勝ちに行くだけ」と話していたように、キックオフと同時に臆することなく立ち向かっていくアスルクラロ。
 
すると、前半15分にいきなり先制点をあげる。センターバック・藤原拓也が左サイドからロングボールを蹴り込む。このボールが飛び出した相手ゴールキーパーの背後に流れると、フリーで待つ薗田卓馬の下へ。これを薗田はダイレクトシュートでゴールネットを揺らす。薗田は今季5ゴール目。
 
ソニー仙台FCも、得点ランキングで上位に入る有間潤を中心にアスルクラロのゴールに迫るも、前節から先発に復帰した谷奥健四郎、第8節以来の出場となったゴールキーパーの石田良輔を中心に、相手に決定的なシーンを作らせない。
 
1-0のまま前半終了のホイッスルが鳴った。
 

2点差を追いつかれ痛恨のドロー

後半に入っても、試合のペースを掴んでいたのはアスルクラロだった。後半6分には沓掛勇太が絶妙なインターセプトを見せ、薗田にラストパスを送ると、薗田はトゥーキックで2点目を狙う。これはわずかにゴールの枠を外れたが、アスルクラロは何度となくソニー仙台FCのゴールへ迫る。
 
すると後半19分に追加点が生まれる。左サイドでキープした太田一輝から、オーバラップした馬場将大にパスが渡ると、このボールを得意の左足でセンタリング。このボールに飛び込んだ中村亮太が、右足を目一杯伸ばしてシュート。これがゴールに突き刺さり追加点。2-0とリードを広げる。
 
しかし、その8分後、巧みなパス交換からチャンスを作ったソニー仙台FCの森原慎之佑が右足でシュートを決めると、後半43分にも左コーナーキックから三浦祐希にヘディングシュートとを決められ同点。
 
同点に追いつかれたアスルクラロは、ロスタイムに決勝ゴールを狙うも、ゴールを割ることはできず、2-2のまま試合終了のホイッスルが鳴った。
 

PICK UP

5月29日(日)はスルガ銀行マッチ!

今節、FC大阪と流経大ドラゴンズ龍ケ崎の上位2チームが勝利をあげたため、アスルクラロのファースト・ステージの優勝はなくなった。
 
しかし、セカンド・ステージに弾みをつけるためにも、そして年間順位4位以上が必要条件であるJ昇格に向けて突き進むためにも、今季最後のホームゲームは絶対に負けられない。その相手は、今季からJFLに昇格したラインメール青森。ステージ順位ではアスルクラロが上だが、ラインメール青森もこの4試合で2勝2分と調子は右肩上がり。油断は禁物だ。
 
5月29日(日)13時キックオフのスルガ銀行マッチ(富士総合運動公園陸上競技場)では、さまざまな催し物も開かれる。家族総出で参加して、アスルクラロに大きな声援を送ろう!
 

DATA

試合結果

ファースト・ステージ第13節(会場:富士総合運動公園陸上球技場)
アスルクラロ沼津(2-2)ソニー仙台FC
メンバー)
GK 30.石田良輔 DF 5.馬場将大 28.谷奥健四郎 3.藤原拓也 18.尾崎瑛一郎(Cap.) MF 7.鈴木将也 24.沓掛勇太 17.太田一輝 9.中村亮太(→2.石川喬穂[後半30分]) 19.薗田卓馬(→16.水木将人[後半35分])10.青木翔大(→13.鈴木淳[後半24分])
 

icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ