静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

強敵との接戦をものにしてリーグ3位に浮上! vs ギラヴァンツ北九州

─明治安田生命J3リーグ第11節(2017.6.4)─

直近2試合を快勝しているアスルクラロ沼津。今節はJ2での経験もある強敵、ギラヴァンツ北九州を愛鷹競技場に迎えた。この日は、これまでチームの核として機能してきた中村亮太が、数日前の練習で肉離れを起こし離脱。しかし、それを感じさせない選手たちのプレーにホームの観客が沸いた。

白石の劇的決勝ゴールが
愛鷹競技場を歓喜に包む

「アスルクラロはアグレッシブなチームで、非常に勢いのあるチームだと感じていました。非常にタフなゲームになると思って挑みました」
北九州の原田武男監督が想定したとおり、試合は序盤から激しいプレスの応酬が繰り広げられる展開に。昨年までJ2の舞台で戦ってきた相手だけに一筋縄ではいかない。とくに水永翔馬はどんな形でも得点を狙える優れたストライカーだ。その水永がアスルクラロゴールを襲う。前半33分、右サイドからのクロスに水永が首をひねらせて反応。このヘディングシュートは辛くもクロスバーに助けられ失点は免れたものの、水永の得点力の高さを見せつけるプレーだった。これに対するアスルクラロ守備陣は、北九州をゴール前に近づかせないような対策を考えていた。
「相手には高さのある選手がいたので、なるべくゴールの近くで競らせないように意識しました」
徳武正之が試合後に語ったように、この日は細かいラインコントロールで、北九州をゴールから遠ざける動きを繰り返していた。
「ボールを奪って攻めるときのラインアップの早さと、ボールを蹴られたときのラインダウンの早さを最終ラインは意識しました」(徳武正之)
最終ラインが高く保たれることでアスルクラロが得意とする前線からからのプレスが活性化。後半はアスルクラロがペースを握る。後半21分に渡辺亮太に代え青木翔大、27分に薗田卓馬に代え染矢一樹を投入すると、攻撃陣はさらに勢いを増し北九州ゴールに襲いかかる。ラインを下げ守備陣形を整えた北九州に対し、尾崎瑛一郎が果敢にミドルシュートを狙う。また、途中出場の染矢がサイドから駆け上がりチャンスを演出するも、中々得点に結びつけることができない。試合終了の時間が近づくにつれ焦りが見え始めたアスルクラロだが、愛鷹競技場を歓喜に包んだのは、途中出場でチームに勢いをもたらした白石智之だった。後半43分、右サイドからの染矢のクロスに反応した白石が中央に折り返すと、こぼれ球に青木が反応し白石にボールを託す。これを白石が右足で冷静に流し込み、勝利をたぐり寄せる先制点が生まれる。一目散にサポーターの元に駆け寄り、喜びを分かち合うアスルクラロイレブン。この一点を守り抜き、強敵相手に勝ち点3を獲得。リーグ3位に浮上した。
 

J2昇格ライセンスはなくても
あくまで上を狙っていく

激闘を終えた吉田謙監督は、チームの好調の要因をこう話した。
「攻守の切り替えには、自分たちがボールを奪われたときと、自分たちがボールを奪ったときのふたつがあると思っています。そこで重要になるのは足の速さなど個人の能力ではなく、チームとしての練度や速度です。どれだけチームとして相手に襲いかかれるか。相手に合わせるのではなく、自分たち次第なんだという気持ちで日々トレーニングに励んでいます。選手が30名余りいる中で、試合のメンバーに入れなかった選手達も、早朝から激しいトレーニングをしています。試合に出たい、ピッチに立ちたい、活躍したいという一人ひとりの思いが強いチームだからこそ、途中出場の選手たちもやってくれると信頼して送り出すことができています」
また、北九州に勝ったことでリーグ3位となり、J2昇格圏内である2位以内も見えてきたことについては、このように語った。
「J3リーグの上位2チームまでが昇格できる権利を得ます。しかし、アスルクラロはまだJ2に昇格するライセンスを持っていません。しかし、選手達には優勝を目指して戦ってほしい。ライセンスはなくても僕らにはJ2で戦う力があるということを証明してほしいと願っています。選手を信じて、チームをサポートしてくれる地域の方々を信じて一試合一試合全力を尽くすだけです」
JFLからJリーグへ、そしてJ3からJ2の舞台へ。アスルクラロの挑戦は、まだ始まったばかりだ。
 

PICK UP

ゴール裏の仲良し5人組キッズたち

前半、北九州のストライカー水永のクロスバー直撃となるヘディングシュートに肝を冷やす仲良し5人組がいた。白石が決勝点を決めると喜びを爆発させていた小さなサポーター達にお気に入りの選手を聞いた。
(写真左から、かんた君、しゅんぺい君、まうい君、だいち君、しゅうと君)
 
ーーきょうの試合はどうだった?
かんた君 白石選手が決めてくれて嬉しかった。
まうい君 攻めているときは結構楽しかったけど、相手チームのヘディングがポストに当たったときはひやっとした。
 
ーー好きな選手はだれ?
しゅんぺい君 おれは青木選手。いっぱい走るところ。
だいち君 石井選手。おれはキーパーだから、お手本にしている。けっこうスーパーセーブするから好き。
しゅうと君 おれは染矢選手がいい。サイドを駆け上がってチャンスをつくってくれるから。
かんた君 おれは白石選手。今日、得点を決めてくれてかっこよかったから。途中出場で、すごく元気があって活躍してくれる。
まうい君 薗田選手。いっぱいゴールを決めてくれるから。
 

DATA

試合結果

J3リーグ第11節(会場:静岡県愛鷹広域公園多目的競技場)
アスルクラロ沼津(1-0)ギラヴァンツ北九州
 
アスルクラロ沼津メンバー)
GK 20.石井綾 DF 18.尾崎瑛一郎 22.徳武正之 28.谷口智紀 2.藤嵜智貴 MF 15.菅井拓也 7.鈴木将也 11.前澤甲気(→14.白石智之[後半36分]) 17.太田 一輝  FW 29.渡辺亮太(→10.青木 翔大[後半21分]) 19.薗田卓馬(→50.染矢一樹[後半27分])
 
ギラヴァンツ北九州メンバー)
GK 21.高橋拓也 DF 3 福森健太 6 西嶋弘之 19 川島大地 41.刀根亮輔 MF 10.井上翔太(→15.神崎大輔[後半20分]) 20.花井聖(→25 小松塁[後半43分]) 24.小野寺達也 29.小谷健悟(→7.茂平[後半28分]) FW 9.水永翔馬 11.池元友樹
 
 
icon_azul-claro_entry.png
 

ページの先頭へ