静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

久々の勝ち点3! 最小リードを守りきる粘り強さの勝利。vs グルージャ盛岡

─明治安田生命J3リーグ第17節(2017.7.16)─

前節、前々節と、2試合連続で終了間際に失点を喫し、勝ち星を逃していたアスルクラロ沼津。水曜日には天皇杯3回戦で横浜F・マリノスにも敗れ、公式戦3試合勝ち星なしの状況で臨んだホーム戦だった。しかしそんな悪い流れを引きずらず、グルージャ盛岡を相手に開始早々からエンジン全開で攻めるアスルクラロ。試合を通して選手たちは手応えをつかんだようだ。

エンジン全開のアスル
開始早々に先制

アスルクラロはいつも通り4-4-2のフォーメーションでスタートした。得点ランクトップタイを走る薗田卓馬も先発に入り、染矢一樹と2トップを組む。また、天皇杯からは菅井拓也のみ2試合連続の先発出場。それ以外は全員先発を入れ替えた。
 
対する盛岡は3-4-2-1のフォーメーションでスタート。アスルクラロは3バックのチームを相手にすると、サイドで数的不利を作られ、前線からのプレッシャーがはまらなくなる傾向がある。ここを改善し、盛岡へしっかり圧力をかけられるかが、勝負のポイントだった。
 
アスルクラロはキックオフ直後から激しいプレッシャーをかけ、盛岡ゴールに攻め込む。そして試合は開始早々に動く。前半4分、右サイドの混戦で粘り強く抜け出した染矢一樹が中央に折り返すと、フリーで待っていたのは薗田卓馬。右足を振り抜き、J3得点ランクトップタイとなる今季11ゴール目を決めた。
 
その後もしばらくはアスルクラロが攻め込み、盛岡に何もやらせない展開が続く。だが、暑さ対策として設けられた飲水タイムが流れを変える。前半23分、盛岡FW梅内和磨が裏に抜け出しループシュートを放つ。これはクロスバーに弾かれて難を逃れるが、さらに2分後、今度は左サイドからペナルティエリアに侵入され、混戦から最後は益子義浩がシュート。これもポストに弾かれ、なんとか無失点でしのぐ。一進一退の攻防が続く中、お互いに最後の局面で決定力を欠き、1-0のまま折り返した。
 

耐えきったアスルクラロは
守備に手応え

後半も一進一退の攻防が続いた。1点を追いかける盛岡は、選手交代で流れを作る。後半23分にFW岩渕良太を投入し、谷村憲一をボランチに下げると、谷村からFWヘ縦パスが収まる機会が増える。そのボールを中心にアスルクラロを攻めたて、1点を狙う。対するアスルクラロもカウンターとプレッシャーで応戦。後半19分には染矢に代えて前澤甲気、後半26分には薗田に代えて青木翔大と、2トップを代えて運動量を維持するいつもの交代で流れを手繰り寄せようとする。お互いにチャンスを作り観客を沸かせるが、結局最後まで試合は動かず1-0のまま終了。アスルクラロはこれまでの反省を生かし、無失点でリーグ3試合ぶりの白星を手にいれた。
 
第16節終了時に37得点と、J3リーグトップの得点数を誇るアスルクラロだが、この日は開始早々の1点のみに終わり、自慢の攻撃力が発揮されたとは言い難かった。しかし、チームは無失点に抑えた手応えの方が大きかったようだ。もちろん攻撃の精度に満足しているわけではないが、「相手の良さである細かいパス回しを抑えることがテーマだった。全員で守る意識を持ち、粘り強い守備で守り抜きました。」と吉田 謙監督が語れば、「今までの試合に比べると、先制した後もある程度中盤で試合をコントロールできました。今日は無失点で終えること優先で、追加点を決められれば理想ですが、1−0のままでもいいくらいの開き直りがありました。総合的にはポジティブな感触です」と沓掛勇太も話してくれた。また、盛岡の選手交代後の攻撃にも対応できていたようだ。
 
「相手のボランチから縦や斜めのパスが入ってきて、それはいれさせないのが理想です。ただ、あえて入れさせてボールを奪う守備が全体で共有できていれば、相手に”やらせている”という心理で戦えるので、そんなに負担になりません。今日はシュートブロックにも入れていましたし、それができていたと思います」(沓掛)。
 

PICK UP

次節は首位秋田と対決
敵地でリベンジなるか

第18節は、アウェーでのブラウブリッツ秋田戦。6月のホームでの首位決戦で敗れた相手と、早くも再戦する。また、この試合を最後にJ3は約一ヶ月の中断期間に入る。当然選手たちがこの試合にかける思いは大きい。キャプテンの尾崎瑛一郎もこう語る。
 
「もう、そこで叩きたいですね。ガンバ大阪U23が頑張ってくれましたし、僕らも後に続きたい。試合を見ていて、G大阪23の選手たちは本当に頑張っていました。僕らの試合の時とは大違いです。ああやって少しのきっかけで大化けするし、僕らもどんどん良くなっていきたいですね」
 
なお、秋田は今節(17節)、ガンバ大阪U23に今シーズン初となる黒星を喫した。叩くなら今。次節、アスルクラロの真価が問われる。
 

DATA

試合結果

J3リーグ第17節(会場:静岡県愛鷹広域公園多目的競技場)
アスルクラロ沼津(1−0)グルージャ盛岡
アスルクラロ沼津メンバー)
GK 31.大西勝吾 DF 3.藤原拓也 18.尾崎瑛一郎 22.徳武正之 27.松藤正伸 MF 15.菅井拓也 6.沓掛勇太 17.太田一輝 9.中村亮太(→16.小牧成亘[後半35分])FW 50.染矢一樹(→11.前澤甲気[後半19分]19.薗田卓馬(→11.青木翔大[後半26分])
 
グルージャ盛岡メンバー)
GK 1.土井康平 DF 3.福田友也 4.畑本時央 23.守田創 MF 5.八角大智(→19.菅本岳[後半34分])7.益子義浩(→41.岩渕良太[後半23分])14.林勇介 24.鈴木達也 FW 10.谷村憲一 11.谷口堅三 13.梅内和磨
 
 
icon_azul-claro_entry.png

ページの先頭へ