静岡県東部からJリーグへ-アスルクラロ沼津の挑戦-

愛鷹の風を味方に!覚醒した白石の2アシストが勝利を呼び込む vs カターレ富山

─明治安田生命J3リーグ第23節(2017.9.17)─

台風接近の影響で当日まで開催が危ぶまれた23節は、吹き荒れる強風のため、チームフラッグや看板がすべて撤去された中で行われた。チームの精神的支柱である尾崎瑛一郎が累積警告で出場できない今節、代わりにキャプテンマークを巻いたのは今シーズン初めてのリーグ戦出場となった河津良一。そしてこの日、アスルクラロ沼津の攻撃陣を牽引したのは、成長著しい白石智之だった。

自信に満ちあふれた白石が
試合開始46秒弾を演出

試合は開始わずか46秒で、アスルクラロ沼津が先制する。キックオフ直後から鋭いプレスをかけてボールを奪取し、普段は中村亮太の定位置である右サイドハーフに入った白石にボールが回る。
 
「相手ディフェンダーを抜ききらずにクロスを上げろとチームから要求されていたので、それを意識して試合に入りました」
 
試合後にそう語った白石は、忠実に仕事を遂行した。ワンツーで抜け出し、相手ディフェンダーとゴールキーパーの間に低く鋭いクロスを放り込むと、これを青木翔大が滑り込みゴールに沈めた。直近4試合のスターティングメンバーに名を連ね、徐々に自信を重ねてきた白石がついに覚醒した。そう思わせるパフォーマンスだった。青木はホームゲーム2試合連続での先制弾となる。
 
「ホームスタジアムですので、風がどちらから吹いているかは熟知しているつもりです。愛鷹の風がぼくらに味方してくれたと思っています」
 
そう語る吉田謙監督の狙い通り風上に立ったアスルクラロは、先制後もガンガン富山ゴールに迫る。その攻撃を牽引したのは、自信に満ちあふれた白石のプレーだった。
 
前半28分には、ワントラップで相手の股を抜いた白石が、シンプルにクロスを供給。左サイドハーフに入っていた中村がこれに合わせて追加点を奪うことに成功する。
 

吉田監督の信頼が選手の成長を助け
選手層を厚くする

一方の富山は、ゴールキックが戻されるほどの強風にペースを乱していた。風上になる後半は、反転攻勢に出たいところだ。ところが、後半になっても、なかなか決定機をつくることができない。2点を先制し、精神的に余裕を持ったアスルクラロが、風下という不利な状況をふまえた試合運びを行っていたからだ。キャプテンの尾崎を欠く中、守備陣を引っ張ったのは河津だった。的確なコーチングと自己犠牲の精神で富山の攻撃を跳ね返し続ける。尾崎と比べても遜色ない熱いプレーを示した。
 
「このチームに3年在籍させてもらっていて、これまでに道半ば去った選手、去らなければいけなくなった選手を見てきました。そういう仲間やグラウンドに立てずに悔しい思いをしている選手たち、それを背負ってチームのために戦おうと決めていました」
 
このコメント通り、河津はできることを100%出し切った。後半ロスタイムに負傷退場したものの、大事には至らなかったようだ。スコアは2-0のまま試合終了。アスルクラロがホームの風を味方につけ、富山を退けた。
 
フォア・ザ・チームに徹することができる河津や、白石のような若手成長株の存在が、今後のリーグ戦を勝ち抜くうえでキーになるのではないだろうか。そう感じさせる試合だった。試合後、吉田監督はこう語る。
 
「選手の成長や可能性をいつも信じていて、誰が出てもやれると思っています。練習から100%出すという選手がやはり活躍するなと思わされたゲームでした」
 
こうした指揮官の選手を信頼する姿勢が、いまのアスルクラロの強さを引き出しているのは間違いないだろう。
 

PICK UP

アスルクラロの強さに夢中!
けんと君

「僕らのクラブには27年の歴史があって、ずっと子供たちの見本になるんだというテーマでやっています。だから長髪も茶髪も髭を伸ばしている選手はいない。プレーも美しいものではなく、つねにボールを追いかける、取られたら取り返すというもの。そういう子供たちにみせたいプレーを要求しています。それができる選手しか獲得していません。それはこれからも変わりません。アスルクラロ沼津はそういうチームだと思ってほしいと思っています。」
 
こう話す吉田監督の思い、選手たちの思いが通じているのだろうか。アスルクラロのゴール裏では、12人目の小さな選手たちが声援を送る。今回はけんと君に話を聞いた。9歳らしい元気いっぱいのインタビューをお届けする。
 
けんと君
 
──何歳ですか?
 
えーと、9歳です。
 
──アスルクラロのファンですか?
 
うん、ファン。一昨年くらいに(尾崎)瑛ちゃんがイトーヨーカドーで宣伝してたんですよ。それで行ってみたら楽しくて、いまも行ってます。
 
──ホームの試合にはいつも駆けつけているんですか?
 
うん。アウェイも近いところは行く感じ。
 
──アスルクラロは好調だけど、いまの快進撃をどう見ていますか?
 
(伊藤)輝さんとか、そういう強い人を出してもらいたい。
 
──なるほど。誰のファンですか?
 
えーっと。瑛ちゃんと(薗田)卓馬君。
 
──そうなんだ。今日は「白石~~」って応援してたけど。
 
あー、あれはね。ママがね。
 
──お母さんが白石選手のファンなんだ。
 
うん。僕は瑛ちゃんのイケイケGO!GO!って感じが好きです。
 
──薗田選手の好きなところは?
 
卓馬君は優しい。いっぱいお話ししたり。
 
──今日は勝ったけど感想は?
 
嬉しかったーー! イェーイ! ジャスティス!! って感じですね。
 
──じゃあ、最後の質問です。次の試合は、どんな試合をしてほしい?
 
ぜってぇ勝ってもらいてぇ!
 
──ありがとうございました!
 

DATA

試合結果

J3リーグ第23節(会場:静岡県愛鷹広域公園多目的競技場)
アスルクラロ沼津(2-0)カターレ富山
アスルクラロ沼津メンバー)
GK 31.大西勝俉 DF 28.谷口智紀8.河津良一(→50.染矢一樹[後半45+5分])
22.徳武正之 3.藤原拓也 MF 15.菅井拓也 6.沓掛勇太 14.白石智之 9.中村亮太(→17.太田一輝[後半24分])FW 10.青木翔大(→29.渡辺亮太[後半40分]19.薗田卓馬
 
カターレ富山メンバー)
GK 21.永井堅梧 DF 2.脇本晃成 18.登崎雅貴 5.平出涼 6.山形辰徳 MF 19.柳下大樹(→13.佐々木一輝[前半34分]) 14.佐々木陽次(→7.北井佑季[後半37分]) 8.窪田良 4.國吉貴博 FW 9.苔口卓也 11.パブロ(→ 22.椎名伸志[後半19分])
 
 
icon_azul-claro_entry.png
 

ページの先頭へ