背中押します。あなたの「サッカーの夢」を叶える本。

052

プロになる夢を叶えるために、みなさんの昔の夢と現実を知りたいです。

  • 15歳の選択 僕らはこうしてJリーガーになった
  • 高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所
  • ルーツ―フットボーラーたちの原点
  • ぼくのしょうらいのゆめ
  • 子どもをサッカー選手にするためにできること


選書 幅 允孝(ブックディレクター)

Profile

15歳の選択 僕らはこうしてJリーガーになった

寺野典子 (河出書房新社)

15歳という年は、少年少女にとって思春期を含む大切な時期である。自分の考えや思いと周囲のズレをどうにか調整し、どこか生きにくさを生きていく。
小学生たちがサッカーを始める時、おおよそ以下のどちらかからになる。地元のサッカー少年団に入るか、クラブチームのユースに入るか。中学校に入れば部活という選択肢が増える。そして15歳の春、高校入学と同時にユースでクラブユース選手権を戦うか、部活に入り高校選手権を目指すのかを選ぶ。著者は、「15歳での体験は、貴重な経験となり、現在に生きているだろう、今の彼らを知るために、15歳の彼らを知りたい」とこの本を書き始めた。
宮本恒靖はプロになるためではなく、いい指導を受けてうまくなりたいという純粋な思いで、部活に入らずガンバユースに入った。Jリーグ誕生による「長期的な視野のもとプロで通用する選手を育てる」という育成意識の変化が、身体能力や天性のセンスではなく、頭で考えるスタイルの宮本を生んだ。同じくユースを選択した明神智和も、県選抜にすら選ばれたことのない中、自分のできることとできないことを見極め地道に練習し続けた。小中高と別の土地へ移り、サッカーの挑戦を続けた坪井慶介。中学時代はほぼバスケをやり、たまにサッカーという程度だったGK南雄太。Jリーグでの在日枠のため朝鮮学校から出る決意をしたパク・カンジョ。みなこの時期に節目の選択をし、その環境で精一杯生き、他の人とは違う新しい自分の魅力を見つけだそうともがいていた。

高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所

安藤隆人 (講談社)

プロサッカー選手の多くは、高校を経てプロになっている。高校生がサッカーをする環境はクラブユースと部活動の二つの選択肢がある。そして多くの少年たちは、全日本高校選手権への憧れと共に部活動を選択する。しかし、その全国の舞台に立てるものは極わずか、地方大会を勝ち抜いた各県1校。本書は群馬の“敷島”から鹿児島の“鴨池”まで、全国を目指す高校生たちの各地方大会決勝の行われるスタジアム=“聖地”を取り上げている。
滝川第二高校の元監督黒田和生は神戸ウイングスタジアムを、全国大会以上に緊張感や独特の雰囲気があり、「全国大会は負けても、その大会に出られているという事実があって、そこですでに一つの目標が達成されている。でも、県予選の決勝で負けたら、何もなくなる」と聖地が聖地たる由縁を説明する。小学6年生の細貝萌が、敷島で観た前橋育英優勝の瞬間から始まる物語。敷島を会場に行われた3年時の準決勝、試合に負けた細貝は全国へ行けないことと同じくらい、敷島でもう試合ができないことを悲しんだ。田中達也にとって聖地=西が丘サッカー場は、目標であり、「通過しなければいけない場所」。愛知県の瑞穂で戦った宮市亮は、その場所を「成長させてくれる場所」であり、いつまでも「近くて遠い場所」だったという。それぞれの憧れの場所であり、優勝を決める場所でありながら日本一への通過点でもある。スタジアムは人の意志でいかようにもその姿を変えていくのだ。

ルーツ―フットボーラーたちの原点

小宮良之/木崎伸也/出村謙知/慎武宏 (角川SSコミュニケーションズ)

ヨーロッパや南米など、サッカーが盛んな地域は互いに侵略を繰り返し、領土を奪い合ってきた。それゆえその土地土地に対する人々の想いは非常に強い。国をまたいだ移籍が普通のことである海外サッカー選手たちは、ボールを蹴り始めた場所である地元でどんな思いで、どんな時間を過ごし、どう成長してきたのか。クリスティアーノ・ロナウドからパク・チソンまで16人のルーツに迫る本書。
ポルトガルでイングランドから最初にサッカーが伝わったマデイラ島に生れたクリスティアーノ・ロナウド。勝っても負けても、自分が失敗しても仲間が失敗しても怒り、涙を流した少年は、酔った父親を嫌う家族の愛に飢えた少年でもあった。ローマの英雄トッティは5歳の時、6歳年上の兄とその友だちたちとサッカーをやり、皆を翻弄。度肝を抜いたという。ルイ・コスタや“サンベンデミアーノの天才”と称されたデル・ピエロについて、取材相手から聞こえてくるのは「あいつはサッカーをやるために生まれてきたんだ」という言葉。一方、ティアリー・アンリの父親はまるでパーソナルコーチのように息子についてまわった。パリ郊外、貧困地域でありながら、子どもたちのスポーツ振興に力を入れるレジェリスという街に生まれたことが、アンリやエブラを生んだとクラブの副会長は語る。しかし、アンリ親子はその後、自分たちを育てたクラブを次々に移籍し続け、省みることはなかった。海外の選手にとってサッカーは愛するスポーツであると同時に、成り上がりの方法でもあるのだ。振り返らないという生き方もあっていい。

ぼくのしょうらいのゆめ

市川準ほか (文藝春秋)

小さい頃になりたいと思っていた夢を憶えているだろうか。そしてあなたはその“ゆめ”を実現できているだろうか。サッカー選手たちの多くはプロになることを夢見る。ユースチームや各都道府県選抜、全国大会出場など、スカウトからピックアップされるためのきっかけはなかなかにハードルが高い。
本書は、子どもの頃にどんな夢を抱えていたのかを各界12人の大御所たちに取材している。映画『トニー滝谷』や金鳥のCM「タンスにゴン」などで知られる監督の市川準は、いい映画館がたくさんあった神楽坂で過ごした5,60年代の映画の記憶が自分を育てたと語り、ミュージシャンの内田裕也は未来への明確なビジョンなんてなかったが、プライドを傷つけられた時のリベンジだけは一貫してやり続けてきたという。人類拡散の道程を辿る“グレートジャーニー”の旅を行った探検家にして医師の関野吉晴。彼は「旅にでたい」と思って大学に入り、探検部を作った。そして「旅を続けたい」と思って、世界で役に立つ医療を身につけるため医学部へ入った。
職業も性格も育った環境もバラバラな12人たちは、夢を夢として生きるより、ただひたすら自分らしくあろうとしていた。装丁家の祖父江慎の言葉は、肩の力を抜き現実を生きるためにちょうどよい。“「夢をかなえる」ことに意味があるとしたら、かなったという事実ではなくて、かなったときに「嬉しいな」って感じる達成感の喜びなんだ”。

子どもをサッカー選手にするためにできること

伯井寛/巴康子/赤澤竜也 (PHP研究所)

遠藤保仁の母は、小学校1年生の遠藤が兄とボールで遊んでいる写真に言葉を添えている。「“なんでサッカー選手になろうと思ったの?”“そこにサッカーボールがあったから”“なんでそこにサッカーボールがあったの?”“そこに兄貴たちがいたから”」。金髪の荒ぶるヒーロー本田圭佑について兄が語ったのは、「なにか勝負を提案するとすぐに乗ってきて、本気になる。(中略)下手な友達と遊ぶよりも弟と遊んだほうが楽しかったですね。友達同士だと真剣に競い合えない部分ってあるじゃないですか。友達だと恥ずかしがったりとかして真剣にやらないヤツも多い」という、兄弟が持つ熱への共感だった。世界を舞台に真っ向う勝負を挑む長友佑都。彼が技術、体力ともに飛躍的に伸びた中学生時代について母は、「サッカーで勝負をかけてほしかったんです。母子家庭で経済的な負担をかけさせまいと気を遣っていたのかもしれませんが、物足りない気持ちでした。なんで男やったら『勝負したい』と言わないんだと(笑)」語った。
子どもが夢見たことを叶えるために必要なことは何か。まず何よりその子どもが熱意を持ち続けられるか、そして努力をし続けられるか。だけど子どもがたったひとりですべての環境を整えられる訳もなく、当然その裏で支える家族や先生、仲間の存在が大切になる。その存在意義を感じさせてくれるのが本書だ。12人の日本代表が育った環境に共通することは、大きな愛情を受けてきたということ。それは同じような愛され方ではないけれど、みな信頼と熱意に守られていたことは間違いない。それぞれの言葉にそのことが溢れている。人に愛される才能も、夢実現のためのひとつの近道でもあるのだ。

閉じる

幅 允孝(はばよしたか)

BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。
国立新美術館ミュージアムショップのスーベニアフロムトーキョーやTSUTAYA TOKYO ROPPONGI、LOVELESSなどにおける本のディレクションや、d-labo(スルガ銀行ミッドタウン支店内)などのライブラリー・ディレクションを手掛ける。ほか、編集、執筆、ディストリビューション等、本周りのあらゆる分野で活動中。最近では、渋谷のSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS、銀座のHANDS BOOKSがオープンしました。
BACH : http://www.bach-inc.com

ページの先頭へ