背中押します。あなたの「サッカーの夢」を叶える本。

063

歳をとってもサッカーを続けられる身体でいたいのですが...。

  • 三浦雄一郎流「生きがい」健康術 デブでズボラがエベレストに登れた理由
  • 内海桂子 九十歳 アイアンボディの秘密
  • 臓器は若返る メタボリックドミノの真実
  • 「老けない体」は骨で決まる
  • 最高齢プロフェッショナルの教え


選書 幅 允孝(ブックディレクター)

Profile

三浦雄一郎流「生きがい」健康術 デブでズボラがエベレストに登れた理由

三浦雄一郎(マガジンハウス)

1932年生まれのプロスキーヤー、三浦雄一郎。70年にエベレストのサウスコル8000m地点からの滑降を成功。その記録映像が『The Man Who Skied Down Everest』(「エベレストを滑った男」)というタイトルでドキュメンタリー映画化され、アカデミー賞記録映画部門で賞を獲得している。そして今年2013年、81歳でエベレスト登頂というギネス記録を打ち立てたこの人は、当然のように健康の塊だと想像していたのだけれど、それは想像でしかなかった。
60代前半は164cmで体重85kg。“高血圧”“高血糖”“高脂血症”“不整脈”、さらには“肥満”“糖尿病”という症状を克服しながらの登山であり、スキーだったのだ。102歳まで生き、100歳でもまだ登山とスキーを続けた三浦の父、敬三のストイックさとは異なって、三浦は自由(面倒くさがり)で、お酒とおいしいものが大好きな人間。
三浦家オリジナルの酢卵スペシャルドリンクやバランスのとれた赤ちゃん用粉ミルクで栄養分を補給する。登山は頂上にピークを持っていくため、麓で80kgあった人が、上では60kg台にまで落ちるという。100歳超えの父を模範にしつつ、ストイックになりきれない雄一郎も、食事、運動、生きがいという至極当たり前の三つがやはり重要なことには変わりはない。

内海桂子 九十歳 アイアンボディの秘密

内海桂子(祥伝社)

常に若い人材が下から出てくる芸能の世界にあって、現役最高齢の女性芸人として、いまなお現役で活躍する内海桂子、91歳。相方の好江が亡くなった97年以降は、ピン芸人として活動し、もうその期間だけで15年の芸歴である。
80歳まで大きな病気も怪我もなく、健康保険証を使ったことすらなかった模範的な健康優良児に、何の因果か80歳を超えて途端に怪我や病気が襲いかかってきた。足首の下駄骨折、手首の骨折&手術、大腿骨の骨折、乳がん発見&手術、白内障の手術、肺炎と、よくぞこんなにスムーズに続いたものだというほどのオンパレード。
おもしろいのは、この本も三浦雄一郎の本もどちらも合間合間のコラムに医師が登場し、コメントをする構成になっていること。そもそも頑丈な高齢の人が身体を壊したとき、どうその事態に対処したらよいのか経験がないが故に判断が難しい。患者は当然無理をする。内海桂子は特に無理をした。大腿骨の骨折も舞台に椅子を置き、暗転して座った状態でスタート。終わったらまた暗転してから捌け、お客には何事もなかったように乗り切る。乳がんがわかったときも、旦那に「おっぱいが揉めないわね」と軽口を叩く。ここまでくると、すべては精神力と仕事に向かう生き様が身体を作っているといっても過言ではなさそうだ。

臓器は若返る メタボリックドミノの真実

伊藤 裕(朝日新聞出版)

スポーツ選手が歳を重ねて何に悩むと言えば、やはり筋肉量の低下とそれに伴う脂肪増加ではないだろうか。それが進むことでメタボリックシンドロームと判断され、簡単に言えば太った人という称号が与えられる。引退後の選手たちでその道をたどった人を見て、どこか寂しさがあるのは私だけではないはず。
生活習慣の乱れから肥満を引き起こし、そこからドミノのように様々な症状、病気を誘引。臓器がダメになっていくメタボリックドミノを、“「動き回り」そして「食べる」”という生き物の原点に立ち返ることで、臓器を見なおし、ドミノ現象を防ごうと書かれたのが本書。
肥満が万病のもとと言われるのは、人間の基礎体力、治癒力を根拠づけているミトコンドリアの機能障害を引き起こすからであり、“老化はミトコンドリアの衰え”とさえ言えるという。そして体中のミトコンドリアの80%は筋肉にいる。90分間走り続けなければいけないサッカー選手にとって、当然すぎるくらい当然のことなのだけれど、長く現役を続けるためには、加齢とともに訪れる筋肉の衰えと肥満の矯正がなにより必要になってくるのがわかる。

「老けない体」は骨で決まる

山田豊文(青春出版社)

“「とにかくカルシウム」の大誤解”“骨密度が高くても骨は折れる”“コラーゲンが骨の「質」を高める”。表紙に書かれた文言が、今まで知っていたことと相反していることにまず驚く。著者はメタボに比べて知られていないロコモ(ロコモティブシンドローム)について警鐘を鳴らしている。ロコモとは、「運動器症候群」のことで、運動器の障害によって日常生活に支障をきたし、介護や寝たきりになる可能性が高い状態を言う。寝たきりになるきっかけは骨粗鬆症による骨折だったりする。日本整形外科学会は、理想的な健康長寿の条件を「600個の筋肉によって、200個の骨と関節をしなやかに早く、思うままに動かすこと」としているが、そもそも骨が折れれば動けなくなり、筋肉は衰えていく。そして骨が大事な理由のもうひとつに、血液が作られるのが骨の中だということもある。
そして著者の山田豊文も、健康にとって何より必要なのは“生命の鎖”としての「食と栄養」だと語る。そしてその栄養を取るために、多くの人々が信じてきたカルシウム源としての牛乳に、山田は反対している。カルシウムはもちろん必要であるが、それと同じかもしくはそれ以上に必要なのはマグネシウムであり、“カル”と“マグ”のバランスなのである。このバランスが崩れると、カルシウムは悪玉化し、あるべきところにカルシウムが行き渡らないカルシウム・パラドックスが起こる。加齢とともに骨を弱めないことは、スポーツを続ける上では基本になる。カルシウムを取っていれば大丈夫という思い込みは捨てて、一度読んでみるのがよさそうだ。

最高齢プロフェッショナルの教え

徳間書店取材班(徳間書店)

46歳にしていまだ現役で試合に出続ける三浦知良は、日本サッカー界においていつだってスターであり、レジェンドである。世界を見れば、イングランドには、サッカー選手で初めて“Sir”の称号をもらったスタンリー・マシューズという選手が、50歳まで1部リーグでプレーした例もある。マシューズは、33年間の現役生活で1度もイエローカードを受けないという驚異的な記録も持ち、「20世紀の偉大なサッカー選手100人」の17位にも選ばれている。加齢と老化によって、自分の頭で思い描くプレーを身体がこなせなくなってきた現実とどう戦っていたのか。
様々な業界の最高齢の方の仕事と人生について取材した本書。50代で「あんぱんまん」を書き、一躍人気となったやなせたかしは、“人生の7割は運”だという。しかし、その運を掴むためには、向く向かないを考えずただやることが必要だと語る。103歳、現役の声楽家は、この歳になってようやく“人生って公平だな”と思うようになったそうだ。この女性も、自分に才能があるかないかなんてことはわからない、ただがむしゃらにやっていれば周囲がいいところを伸ばしてくれるのだと語っている。登場する15人に共通するのは、何よりもまず目の前のことをただ真面目にやり続けるということであり、わからないことは人に聞き、習うという姿勢だ。老いてなお働き続けられるのは、その真面目さと、ひとりで生きているのではなく周りの人との関係性があってこそという感謝の気持ちなのかもしれない。

閉じる

幅 允孝(はばよしたか)

BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。
国立新美術館ミュージアムショップのスーベニアフロムトーキョーやTSUTAYA TOKYO ROPPONGI、LOVELESSなどにおける本のディレクションや、d-labo(スルガ銀行ミッドタウン支店内)などのライブラリー・ディレクションを手掛ける。ほか、編集、執筆、ディストリビューション等、本周りのあらゆる分野で活動中。最近では、渋谷のSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS、銀座のHANDS BOOKSがオープンしました。
BACH : http://www.bach-inc.com

ページの先頭へ