サッカーを愛して止まないあの人の ゆめのはなし

鈴木慶一に遠藤賢司。鈴木はムーンライダーズのボーカルや映画音楽、ゲーム音楽の作曲家として、遠藤賢司ことエンケンは、ジャックスやはっぴいえんどらと共に活動した時代から現在まで“純音楽家”として、活躍を続けてきた。6、70年代から日本の音楽シーンを牽引してきた二人に、サッカーという共通項があることはあまり知られていない。いまも現役でサッカーを続ける鈴木と、独自のサッカー論を持つエンケンのサッカー談義。(注意:No.70と71にそれぞれお名前を分けて掲載させていただきました。ご了承ください)

ドーハは悲劇か、喜劇か。

一番印象に残っている試合やプレーはなんですか?

 
鈴木慶一(以後S):俺はドーハだな。引き分けた「ドーハの悲劇」。あれだけはずっと覚えてるな。あー、こんなことって起きるんかいっていう。
遠藤賢司(以後E):サッカーはそこがいいんだよね。
S:そう、逆に考えればサッカーの良さでもあるんだよ。同点に追いついたイランにとって、あのゴールは凄いことなんだから。日本から見れば最悪だけど。両方あるのがサッカーで、何が起きるかわからない。だからさ、草サッカーでもそうなんだけど、ボールが転がっていれば追いつかないと思っても全力で走るのよ。その場で走るのをやめるやつがいたら俺は怒るよ。諦めたらだめだよ。もしかしたら石ころがあって止まるかもしれない。
E:俺はね、ドーハは悲劇じゃないと思う。悲劇というより喜劇だよ。映画のタイトルじゃあるまいし、いつまでもドーハの悲劇という冠をつけるのは甘いな。次世代にとっても不幸なことだと思う。カッコイイ男ばかりだもの、選手はみんな自分のせいだとわかってるよ。ただ、次の瞬間何があるかわからないということに備えてこなかった国を含めての危機感のなさの表れだよ。ゲリラ戦に敗けただけなんだよね。ただひとつよかったのは、ゴールが入った瞬間、対戦相手のイランの男の子二人がバーっと飛び上がったの。可愛いかったなー。俺はよかったね!と笑ったよ。それが救いだった。だからなおさらサッカーって凄いんだと。ただ俺はその分死ぬほど悔しかったよ。敗戦だよ。でも国民みんなで闘ったんだから、ここからこの国は少しだけ変わると思ったよ。
S:俺は悲しいとも感じたんだ。クロスを“上げられちゃった”んだよね。残り何分だってみんな思っていて、そのちょっとした隙を突かれた。それは悲しいんだと思う。変な考え方かもしれないけど、あそこであの隙を見せてしまうチームは、ワールドカップにはまだ行けないチームだったんだよね。
E:俺が印象に残っているのは、ローマ時代の中田の試合。その試合の中田は、俺の心と体のなかのありったけを走り回るようなプレーだった。あともうひとつは、オランダ映画で世界最下位決定戦をする「The Other Final」というのがあってね、FIFAランキング202位のブータンと最下位203位の英国領モントセラトで、日韓W杯決勝の裏時間に最下位を決める試合をするんだけど、これは映画としても素晴らしく、サッカーの試合としても一番好きかもしれない。4対0でブータンが勝ったんだけど、公認会場とはいえ、ブータンの荒れ地みたいな運動場なんだよね。地球を半周して、食中毒もくらって、やっと到着したモントセラトの大柄な選手たちは、高山病で吐いたりしてね。試合最中に競技場を犬がのんびり横切って、応援する民族衣装のおっちゃんやおばちゃんが、ボールの行方に歓声あげながら応援してる。サッカーって何処でも凄いなと思った。

原初の衝動を!

S:紅白戦とかをすると、エンケンが最年長で俺が次くらいになることが多いのね。
で、そんな俺に抜かれたら悔しいでしょ。なおのこと抜いてやろうと思うんだよ。そういうときにあれは良かったよとか、すぐに話しかけてくれる。正直に、すぐ現場のピッチ上で言っておいたほうがチームは面白くなる。

E:努力は才能だと思っている。努力できるうちは才能があるっていうことだよね。
S:最近、エンケンはサッカーに来れてないけど、密かに練習してるみたいだからね。いまの話しでいうと、それもエンケンの才能なんだよ。
E:好きなんだよね。ボールを追いかけるのすごく好きなの。いい試合をみると、ボールを追いかけたくなる。もうブータンの犬みたいに(笑)。人類が何かを蹴って走りだした瞬間がサッカーなんだ。それは戦争で戦った敵国の頭骸骨かもしれない。そういう根源的なものだから、サッカーが続いているんだと思う。DNAの記憶が、人類が何かを初めて蹴って追いかけて走りはじめた瞬間に繋がる、これは音楽もそう。だから俺は喜びとか哀しみとか、人類が初めて発声した瞬間を、やりたいんだよね。それが解っていつまでできるかがそいつの才能だよ。サッカーも、人類が初めて蹴った瞬間めがけて、いつまで蹴ることができるかだよね。何度も何度も蹴ってね。努力は才能だから。

南無阿弥陀仏式ブーイングの普及を!

071main_b.jpg

E:日本の応援で嫌なのが、ブーイング。あれやめてほしいなと思って。他国の言語だから半端なんだよ。応援歌も例えば、「鉄腕アトム」や「怪物くん」でいいよ。相手国の音楽で応援するのって変だよね。伊福部昭さんの「地球防衛軍」もいい。フーリガンのブーイングは太い胴回声じゃない。日本のは「ぷ~いんぐ」だよね。まるで被占領民だよ。情けないなーと思って。
S:輸入したブーイングだよね、あれ。
E:僕の案だけど、バカ殿シリーズで、目をつぶってまぶたに絵で目を描くのがあるよね。あれをサポーター有志者がやって、PKとかフリーキックとか敵の選手が蹴ろうとした瞬間に目をつぶって、手を合わせて「南~無~」と唱える。こっちのほうがすごく迫力あって、効くと思うんだよ(笑)。あとは、男は「ワンワンワン」で、女は「ニャーニャーニャー」。向こう選手が蹴ろうとした瞬間に「イニャ~ン」って言うとか、なんで楽しい工夫をしないんだろう。女の人が、「『イニャ~ン』外してぇ~」って言ったら、男の選手は絶対外すよ。(笑)サッカーの根本はリズム対リズムだからね。相手のリズムを崩して、こちらのリズムに乗せることが大事。
S:目をつぶって念仏は、PKのとき最高に恐いね。
E:そうそう。あと女の人は赤い付けまつ毛を、眼の上下につけてね、眼を閉じると日の丸になってね、ウィンクして「イニャ~ン」をやる(笑)。※イラスト参照

サッカーの夢

S:TOTOが当たりたい。6億円入ったら、グラウンドつくりたいね。
E:俺も自分ちにハーフコートでもいいからサッカーの練習場つくりたい。つま先蹴りの練習もするし、慶一たちが来たらそこでサッカーをする。あと、俺は死んだ時に限って多少は印税も入るだろうから、全世界の少年少女にサッカーボールを配りたいと思ってるんだ。盲導犬協会かどっちか迷ってるけど。

鈴木慶一が選んだベスト11

対決、二人のベスト11

S:ベストイレブンはうちのチームに参加した、もしくは対戦したことのあるミュージシャンや演出家、役者で作った11人。監督は、戸田“モウリーニョ”誠司(ex FAIRCHILD)にしよう。そういえば、高田漣くんは二回しかうちのチームの練習に来てないんだけど、漣くんとエンケンが一緒のピッチに立って、パスを交換したとき、エンケンが感動してたんだよ。親父さんの高田渡さんが亡くなった直後で、まさか息子とサッカーをすることになるとはって。

E:そう、亡き(高田)渡氏とサッカーしてるみたいだったよ。漣くんも優しい奴で、渡氏と背も同じくらいでね、渡氏と一緒に走ってるような気がして、とても不思議な日だった。漣くんの子供の月歩ちゃんとボール蹴りをしたり、オフサイド講義を受けたり、嬉しかったな。渡がそばで微笑んでるようでね。ほんと。ところで、うちのチーム「日韓主体世界蹴球連合軍」は本来のポジションに関係なく全員FWで、闘莉王だけGKを兼ねます(笑)。慶一のチームのオフサイドと無制限の選手交代は笑許!(笑)。監督はザッケローニで、助監督に釜本、ドゥンガ、ラモス。ジェスチャーでの通訳に、元気象予報士の半井小絵と江頭2:50。控え選手には、ゴン中山、キングカズ、松田直樹、ノ・ジュンユン、エジムンド、ドログバ、ツィーゲ、ルーニーにいてもらう。
S:じゃあ、うちはサッカーをやってたと言いながらまだ一緒にやったことがない、高橋幸宏を控えにしよう。

鈴木慶一 プロフィール

鈴木慶一(スズキケイイチ)

鈴木慶一プロフィール

1951年東京都出身。70年頃より様々なセッションに参加し、72年にはちみつぱいを結成。バンドとして、またソロとしても数々のステージやレコーディングをこなす。75年、ムーンライダーズを結成。76年アルバム「火の玉ボーイ」でデビューし、2011年には35周年を迎える。最近では、曽我部恵一プロデュースによるソロ活動のアルバム「ヘイト船長」シリーズを発表している。

ページの先頭へ