サッカーを愛して止まないあの人の ゆめのはなし

圧倒的なスタミナと激しいプレースタイル、“すっぽんマーク”と呼ばれたしつこいマーキングで、黄金時代の鹿島を支えた本田泰人。15年間という選手生活ではJリーグの以前以後を経験し、現在は指導者としてサッカーを見つめる本田は、自分とサッカーとの付き合い方をどう変化させてきたのか。様々な視点から探る本田泰人のサッカー人生。

父親の一言で始まったサッカー人生

うちの父親が出張や赴任の多い人で、長く家にいるようになったのが小学校6年からでした。元々野球少年だったのですが、その父親から「スポーツは何をやっているんだ」と聞かれて、「野球とサッカー」と野球を強調して答えたつもりだったんですが、「サッカーだけやれ。野球は辞めろ」と急に言われたんです。とても恐い父親で、他に選択肢はない状態でサッカーを始めたという感じなんです(笑)。両親とも背が小さくて僕自身もそうだったので、野球では大成しないだろうとサッカーを進めたのもあるとは思います。そこから中3までの4年間は父親のスパルタ教育が毎日続きました。早朝の6キロ走に始まり、 学校の練習が終わったらそそくさと家に帰って、近くの公園で自主練習。暗いので車のライトを当ててやっていました。本を読みながら勉強していた父親は、素人でもわかるような間違ったことも教えてくれていましたけど(笑)、やっていたのはとにかくボールをいっぱい触る、とにかく体力をつけるという基礎でした。これを4年間徹底的にやりましたね。おかげで足腰の強さと体力はすごくついたので、いま思えばやっていてよかった。必死で夢中な4年間で、楽しいという感覚はない。何にせよ父親を含めて家族の協力があってこそ。父親は今でも「今のお前があるのは誰のおかげだと思っているんだ」と言ってきますから。「はい、お父様のおかげです」と(笑)。

化け物だと思った同級生の存在

サッカーを始めた経緯がそんな理由で、目標とする選手がいてサッカーを始めたわけではなかったのですが、その時その時で目標にする選手はいました。帝京高校で一緒だった磯貝洋光は、化け物だと思いましたね。九州選抜で初めて一緒になった時は衝撃でした。次元が違って、大人かと思ったんですよ。そこからは彼に少しでも近づこうという気持ちでした。でも、実際はずっと負けっぱなしでしたね。彼はユースに行って僕は行けず、彼は大学に行き、僕は社会人として3、4年目のレギュラーを目指していたら、彼は大学時代に日本代表に入っちゃった。しかも中学時代からの親友ということもあるんですが、決まった時に連絡してきて、「頑張っていれば、いずれ代表に入れるから」って慰めを言われた(笑)。本田技研時代はFWからボランチになって、そのポジションの手本には日産の柱谷哲ニさんがいました。ボランチをやるようになってから、サッカーの面白さや難しさをすごく実感できましたね。僕自身サッカーがわかり始めた頃で、柱谷さんのポジショニングやボールの奪い方、さばき方はすごく勉強になった。前線でのボールの繋ぎや動き出し、点を取るためにどう動かなくてはいけないかということ。後ろにいくほど頭を使うんだと知りました。本当にたった1メートルのポジショニングで全てが変わってしまうんですよね。FWとは違う喜びもあって、必死にマークについてボールを奪ったときの歓びや取って繋いで点が入った時の歓びといったら、これはもう言葉では言い表せないくらいたまらない。コーチングもボランチになってから身についたもので、このコーチング力は、そこから15年間選手を続けるための武器にもなりました。

選手とサポーターの距離を考える

プロ化を目指していた本田技研が断念して、住友金属工業(現・鹿島アントラーズ)に移籍となった時は、ジーコの存在が一番の決め手でした。ジーコにはプロのサッカー選手として食っていくことの意味をすごく勉強させられました。サッカーのことを24時間考えていなきゃ駄目だとか、サッカーでお金もらっているという意識を持てとか、サポーターのためということを絶対忘れちゃいけないとか。とはいえ、現役時代はその考えをそのまま行動として示せていたかというとそんなことはなく、サポーターは大事だけど、選手なんだからすべてプレーで表現するんだとどうしても考えてしまっていました。プライベートなことまで踏み込んでくるサポーターとの距離の取り方が難しかった。そしてスポンサーとの関わり方も。それが、現役の終盤から次のキャリアを考えるまでの間で、ちょっと選手と周りが離れすぎかなということに気がつき始めました。それまでは僕がいちばんそういうことが出来ない選手だったのに。「選手とサポーターはもう少し近づいてもいいんじゃないか、もう少しサポーターの言葉も聞いて、同時に自分たちの主張もしないといけない」と考えて、サポーターの代表と選手たちで2、3ヶ月に1回ぐらいスタッフを間に入れての意見交換会をやろうと提案したんです。お互い一方通行で、キャッチボールがなかったんですよね。サポーターもはっきり意見を言ってくれましたけど、こちらも本音で答えたし、いい関係が築けていたと思います。

Jリーグが常に強いリーグであるために

設立当初のJリーグは、ジーコを始め外国人選手の層はすごかった。それに魅せられて、引っ張られるように日本人選手も少しでも追いつきたいとがんばった、すごくいい時期だったんじゃないかな。ここは負けないというストロングポイントを持っていた選手が多かったんですよね。当時のJリーグは、言葉は悪いですが酷い選手もいました。でもみんな個性があった。最近試合を観ていると、同じようなプレースタイルの選手が多くて間違えてしまうことがあるんです。下手な選手はいなくて平均して誰もが上手い、けど飛び抜けている選手もいない。飛び抜けた選手がいても海外に行ってしまうというのが、Jリーグが低迷している原因のひとつだと思います。これは本当に難しい問題ですけど、僕はチーム数が多いと考えています。チームが増えた結果、プロになる関門が低くなって、プロとはまだまだ言えない選手がたくさん生まれてしまった。年間何百万でプロになって3年でクビ、みたいなことが簡単に起こってしまう。高いレベルを維持するために、このことは本当にJリーグ全体の課題だと思います。海外も逆輸入もいいですけど、Jリーグで出してもらえなかったら、すぐ海外を目指すみたいなことはちょっと違う。海外もチームを選ばなければ行けるし、試合にも出られます。海外で試合に出ているから、ちょっと点を取っているからって日本代表にすぐ招集してしまうというのは疑問ですよね。

大切なのは個性!何か一つ武器を持たせたい。

いま子どもたちの育成に関わっていて、夢はやっぱり日本代表選手を育成すること。小中学生を育てるのは本当に楽しいですよ。個性を伸ばしていってあげたい。ドリブルが大好きだったら、ずっとドリブルしてろと育てていきたい。何かひとつ武器を持って欲しいんです。1対1では負けないとか、何でもいいから。小中学校のカテゴリーではチーム全体での連動はしてなくてもいいから、とにかく点を獲りにいってほしい。全員で攻めて、全員で守るんだって僕は教えている。今はどのチームもモデルがFCバルセロナのようになっていて、どの指導者もやらせようとするんですね。そうしないと他のチームに行った時、機能しないということもあるとは思うんですが、僕は小中学生の段階で戦術ばかりを教えることには疑問です。パスも選択肢としてあったけど、自分の判断でドリブルをした結果ボールを取られた。これは間違いじゃないよっていう教え方をしたい。もうひとつある夢は、将来どこかのチームのGMになること。監督には全然興味がなくて、現役から離れてみて強化の要素がすごく大事だと気づいた。監督を連れてくるのも、選手連れてくるのもGMの仕事です。いまGMの重要性をすごく感じているので、ぜひ挑戦したいみたいと思っています。

本田泰人が選んだベスト11

“いま”のベストパフォーマンスで選ぶベスト11

日本代表は、選出時点でベストパフォーマンスの人が代表になるべきだと思っています。将来の可能性のためにというのは1人、2人でいい。今回選んだこのメンバーはポテンシャルが高い。相性的にもやりやすいと思う。今、トゥーリオかよと思うかもしれないけど、それだけ他に絶対的な存在がいないことの証です。

本田泰人 プロフィール

本田泰人(ホンダ ヤスト)

本田泰人プロフィール

1969年、福岡県生まれ。本田技研を経て、Jリーグ開幕から鹿島アントラーズに在籍し、15年間にわたって活躍。93年にはベストイレブンに選出される。日本代表にも選出され、日本のフランスワールドカップ出場にも貢献した。現在、サッカー解説者や鹿島アントラーズアドバイザーを務める傍ら自らアカデミーを設立し、将来の日本を背負っていく後進の指導にあたっている。
http://ameblo.jp/honda-yasuto/

ページの先頭へ