サッカーを愛して止まないあの人の ゆめのはなし

Jリーグ、イングランドプレミアリーグ、オランダエールディビジで活躍した元日本代表、戸田和幸。現役引退後は、少年サッカーの指導をしながら、論理的かつ独自の視点でサッカーを語る解説者として活動の場を広げている。夢であるプロの指導者になるための準備は着実に進んでいる。

野球からサッカーへ

サッカーを始めたきっかけは、二つ年上の兄貴がプレーしていた影響です。小学校3年生のときに、その兄貴にくっ付いてサッカー少年団の活動を見に行ったら楽しかったんです。それまでは父の影響で野球をやっていたのですが、野球の少年団に入れるのは4年生からだったので、3年生から入れるサッカーの少年団に入りました。
そのチームは弱いチームでした。何点取られるか分からないというような試合をしていましたが、とても楽しかったことを覚えています。当時のポジションはFWです。ドリブルが得意で「前線のオレにボールを集めろ」という感じでしたが、弱いので全然ボールが来ませんでした(笑)。
中学1年生のときに町田のチームに移りましたが、レベルが高くてなかなか試合には出られませんでした。でも、うまい人にしがみついてでも這い上がってやろうと頑張っていました。中学1年生からはサッカーノートを書き始めましたし、テレビで見られるサッカーの試合や番組はできる限り見て何でも吸収しようとしました。あとはひたすら練習していましたね。出られなくて悔しいけど、うまくなりたいという気持ちが強かったんです。

中学時代の仲間からの年賀状

中学2年になってからはポジションがサイドバックになりました。それと並行して足が速くなったんですよ。町田の道は起伏が激しく、自転車で坂道を立ちこぎせずに乗っていると足がパンパンになるのですが、そのぶん足が強くなってジャンプも高く跳べるようになりましたし、足も速くなりました。それによってできないことが全部できるようになった。そして、3年生のチームでレギュラーになって全国大会に出場しました。年に2、3回しか負けないので、すごく楽しかったです。
桐蔭学園では、中学までの自由で奔放なサッカーから規律あるパスサッカーへの変化になかなか対応できず、2年間試合に出られませんでした。(どうやってプロになれたんですか?)。プロになって数年が経ったころに、中学時代に一緒にプレーしていた奴から年賀状が来たんですよ。その年賀状に「人間やればできるということを君から教わりました」と書いてありました。また、あるコーチにも言われたんです。「中1のお前を見たときはプロになれる可能性を持った選手はお前の上に何人もいた」と。僕としてはなんで差が付いたのか分かりません。執念なのか。ほかの人よりサッカーを見ていたからなのか。人よりも多く練習をしていたからなのか…。なぜ僕が自分より力が上の選手たちをごぼう抜きしていくことができたのか、はっきりと断言することは難しいですが、おそらくはよりたくさんの練習を積み、よりたくさん研究をし、そしてより強い思いを持っていたからだと思います。
 

体験談から学んだ育成年代の重要性

昨年限りで現役を引退しましたが、いまの肩書は…少年サッカーの指導もやりますし、解説の仕事もしているので“なんでも屋”です(笑)。(照葉SCでの)少年サッカーの指導は福岡に住んでいたこともある、縁のある土地で何かをしたいというのが理由の一つ。あとは育成年代で自分は苦労をしてきたし、下手くそなのに這い上がって、這い上がって、なんとか自分で夢を手繰り寄せたという感覚があるので、育成は大事だと思っているんです。自分の小・中時代、コーチには何も余計なことを言われなかった。ホワイトボードを使ってこういう動きだと言われたこともない。余白がいっぱいあって、自分たちでサッカーを作り上げてきました。サッカーが好きでひたすら練習をする中で、自分の武器を探して、必要なことを身に付けていった。若年層ではそういうことが必要なんじゃないかなと思っています。

解説業におけるモットー

引退して最初の解説の仕事はWOWOWさんに頂いたのですが、ここが勝負だなと思っていました。僕は人生に何回かここが勝負どころだなということがある。なぜここだと思ったかというと、人ってイメージがあるじゃないですか。僕が世間一般からどういうイメージを持たれているのか、プレースタイルやビジュアルが手伝ったこともあり、例えば細かくサッカーを見ることができず話をすることもできない人間だというイメージがあるのだろうと。この仕事はそういった自分にとってはマイナスなものを覆していくことができる最初で最後のチャンスなんだと、やれる限りの準備をして臨みました。それからだと思います、少しずつ変わっていき始めたのは。
また、指導者の立場で考えても、解説は目の前で起こっていることを瞬間的に分析して人に分かりやすく伝えるという訓練になります。そういう意味では毎回緊張感を持って取り組んでいますし、失敗を恐れずにやることを心掛けています。突っ込んでやればやるほど、何ができたか、何ができなかったか分かる。それをまた材料にして先に進んでいくという意味ではサッカーと同じです。
また、媒体によって話す内容を使い分けるようにしています。例えばNHKさんの場合は普段サッカーを見ない人も見る可能性が高いので、あまり専門用語を使わずに伝える努力をしています。逆にCS放送ならば難しいことを話してもいいかなと思っています。求められていることは何かを捉えられるような努力をして解説をしています。あとは目の前で行われているゲームの中の何を軸にして解説を組み立て、それを視聴者に分かりやすく伝えるべきか。解説の現場は一つひとつ勉強になりますね。
 

理想の指導者像

指導者としては、例えばピラミッドの頂点に位置するプロにおいてはビジネスとしての結果が最優先される部分が大きいので、いまいる選手たちでできる最高のサッカーを目指さないといけないんじゃないかなと思っています。やりたいサッカーや、自分が得意なサッカーに選手を当てはめる指導者の方もいますが、目の前にいる選手達のキャラクターやレベルを見た上で取り組んでいかないと、うまく進まないリスクが高くなるのではないかという考えが今の自分にはあります。サッカーはサッカーですから、相手が強ければ守るしかないし、守りの中から得点を奪いたければ長い距離を走ってでも速く攻め切る必要があるかもしれない。場合によってはボールを持って相手を疲れさせないといけないですし、ブロックを作って守らなければならない時間帯もあります。または攻守の切り替えを素早く、前からプレスをかけていくためにはどういったポジションを取らなければならないのか。まずは自分の中で一通りの引き出しを持っておいて、預かった選手をよく見てその選手たちがいる中で最高のモノを目指さないといけない。まだ想像の域を出ませんが、指導者というものはサッカーに対する理解度や知識はもちろんのこと、選手の能力を見極めることができる目や必要なことを必要なときに正しく伝えることができる能力が求められると考えています。プロの世界では、その集団で勝つための何かを見つけないといけません。
僕がどこまで人を束ねられるか分かりませんが、いろいろな人の下でデータを蓄積してきました。選手としていろいろな立場に立ってきたので、材料はたくさんあります。プロの指導者になりたいですが、どこのカテゴリーの指導者になるか分からないし、どこのカテゴリーが自分に合っているのかも分かりません。でも、いまはプロの世界でシビアに勝負したいと思っています。

戸田 和幸が選んだベスト11

ブラジルW杯出場選手から選ぶベストイレブン

タイムリーでもあるし、ブラジルワールドカップに出場した選手からベストイレブンを選びました。
 
GKノイアー
異論はないでしょう。シュートストップも素晴らしいですが、ノイアーの守備範囲の広さがあるから、ドイツは高いラインを保てるんです。
 
右SBラーム
ラームが右サイドにいるとゲームが落ち着きます。ビルドアップ、ポジショニングがいいし、1対1も強い。
 
右CBバラン
あのサイズ(191cm)でスピードが抜群だし、反転してからも速い。21歳ですでにワールドクラスだと思います。
 
左CBダヴィド・ルイス
点も取れるし、あのサイズ(189cm)でしっかりマークできるアジリティーもあります。
 
左SBブリント
マークがしつこいし、左足のキックもいい。前線に良いボールを供給できる。ラームと同様に良い目を持っていると思います。
 
MFディマリア
中盤は守備の選手も入れたかったけど、ディマリアさんがすごくて…。アルゼンチンはメッシではない。ディマリアですよ。プレーのクオリティーが素晴らしい。レアル・マドリーもこの選手がいてこそ、じゃないですか。
 
MFクロース
クロースに関しては球の配給も素晴らしく、サイドの選手も生かせる時間が作れるサッカーを分かっている賢い選手。ズバ抜けたタイプではないですが、ポジションの取り方も素晴らしく、技術も高い。準々決勝でドイツがフランスを上回った理由は、クロースがいたか、いないかの違いだったんじゃないですか。
 
MFハメス・ロドリゲス
彼は説明がいらないかも。チャンスメーカーだけど、点も取れるし、空間認知能力がすごい。動きの中でマーカーと空間を把握できるんですよね。スペースを見付けてボールを受けられるし、相手のゴール近くでダメージを与えられるエリアを探せます。
 
FWロッベン
あまりにもすご過ぎる。あのスピードで何km走ってもスピードがブレない。バイエルンでさらにインスパイアされたんじゃないか。メッシよりも破壊力はありますよ。
 
FWネイマール
一番のすごさはメンタリティー。クロアチアとの開幕戦、ガチガチの試合でほかの選手はボールが足に付かない中、先制点を取られるイヤな展開でしたが、ネイマールだけは普通でしたね。一振りで試合の流れを引き戻すメンタルの強さとか。開催国であるブラジルの選手たちの肩に乗っかっているモノを想像すると、彼のメンタルはすごい。ただうまいだけでなく、試合に影響を出せる選手です。
 
FWメッシ
メッシも調子が良いなと。例えば、決勝トーナメント1回戦のスイス戦で相手が3、4人プレッシャーに来ている中でもブチ抜いていくシーンがありました。相手の逆を取ってからの加速が速く、一瞬で抜き去ってしまう。今大会はキックのフィーリングも良かったですね。巻くシュートが入っていますから。

戸田 和幸 プロフィール

戸田 和幸(トダ カズユキ)

戸田 和幸プロフィール

戸田和幸(とだ かずゆき)
サッカー解説者。1977年生まれ、東京都町田市出身。神奈川・桐蔭学園高校を経て、96年清水に加入。Jクラブでは清水のほか、東京V、広島、千葉、草津(現群馬)、町田でプレー。イングランドのトッテナムやオランダのデンハーグなど、海外リーグでのプレー経験も豊富。現役時代はハードな守備と危機察知能力が売りの選手として、主にSBやCB、ボランチでプレーした。現在は解説業のかたわら、指導者を目指して日々勉強中。B級ライセンス所有。

ページの先頭へ