サッカーを愛して止まないあの人の ゆめのはなし

8月11日に開催されたスルガ銀行チャンピオンシップを戦うために、アルゼンチンの名門リバープレートが来日した。Jリーグ黎明期、そのリバープレートに留学をしていた選手がいた。
現在タイプレミアリーグのTOT SCでプレーする、ジュビロで活躍した静岡出身の河村崇大。今もなお、現役選手として活躍する河村選手に、リバープレートのこと、所属するリーグのこと、そして夢のはなしを聞いた。

ジュビロのユース時代、すべてが楽しくて、日々成長を感じた

サッカーを始めたのは小学生の時。近所の子供たちと毎日のように外で遊んでいたのですが、ある時、近所に住んでいた少年団のコーチに誘われたんです。それからは、土日は少年団でサッカーをやって、普段は野球をやっていました。練習も試合も楽しかったんですけど、とくにサッカーだけが好きという訳ではなく、野球や色んなスポーツをするのが好きな子供でしたね。中学2年生の時にJリーグが誕生したんですが、中学生になってからは、普通に部活でサッカーをやっていましたし、まさか自分がプロになれると思ってもいませんでした。ジュビロ磐田のユースに入ってからですね、Jリーグでのプレーを意識したのは。

中学校の先生がジュビロ磐田ジュニアユースのコーチと知り合いという事もあって、入団テストを受ける事になったんです。それまで島田市の選抜には入ったことはありましたけど、県選抜にも入ったことが無かったですし、合格の知らせを聞いた時は「まさか自分が」という感じでした。当時のトップにはドゥンガ、スキラッチ、ファネンブルグと錚々たるメンバーがいて、初めてトップの試合を見た時は「何て面白いサッカーをするんだ!」と衝撃を受けました。そのトップがやっているサッカーをユースでもやるんですが、練習も含めてサッカーが本当に楽しかったですし、自分自身の中でもグンと伸びた時期だったと思います。高2の時からサテライトの試合に出してもらって、高卒でトップ契約したんですけど、うれしい反面、練習生契約だったので正直不安の方が大きかったです。当時はFWをやっていて、自分が試合に出てるイメージもできないくらいトップとサテライトはレベルが全然違いましたしね。

パスが来ない……。精神的に強くなったアルゼンチンでの経験

ジュビロ磐田に入団して2年目、19歳の時に「スポニチ・Jリーグサッカー留学制度」で1年間アルゼンチンへ留学する事になりました。クラブから留学の話をされた時は、候補者の中での面接もあると聞いていたので、「自分は受かる訳ないな」と何も考えずにOKの返事をしました。そしたら受かってしまって……。
留学先はリバープレートだったんですが、正直に言うとサッカーはほとんどやらせてもらえなかったですね。ユース年代(4軍)の練習に参加したんですけど、まあパスが来ない。「どうせ1年で帰るんだろ? 俺たちは生き残るのに必死なんだ、お前みたいな留学生なんか相手にしている暇はないね」という感じで完全に格下扱いでした。しかも、ボール回しだけとか、基本的に見ているだけで練習もろくにやらせてもらえず、紅白戦に出ても5分だけ。サッカーをやりに来たのにサッカーをやらせてもらえない、試合にも出してもらえない。ずっと「何のために来たんだ」って考えていましたし、ジュビロにも帰りたいって電話もしました。

でもある時、サテライトの監督がユースの練習を見に来ていて、それは酷いだろうと最後の3か月だけサテライト(2軍)の練習に参加させてくれたんです。サテライトの練習に参加する事になってからは最高に楽しかったですね。彼らは実力もあるし、下のカテゴリーの選手に比べて余裕があるのでパスも出してくれます。何といっても普通に練習させてもらえましたからね。当時のサテライトにはデミチェリス、ダレッサンドロ、カベナギとかいました。そういえばカベナギは寮で一緒でしたね。トップにはサビオラ、アイマールがいたんですが本当に凄かったですよ。二人とも大活躍していて、こいつらはレベルが違うなと。リーベルのホーム試合はほとんど観に行きましたが、リーベルとボカの試合は特別でしたね。スタジアムの雰囲気がもの凄くて、今思い出してももう一度観に行きたいくらいです。

 

正直、サッカーでいえば何も学んでないですけど、日本人には無いハングリーさ、メンタリティ、生活をかけてやる厳しさなどは非常に勉強になりました。今もサッカーをやり続けていられるのは間違いなくこのアルゼンチンの経験のおかげだと思います。性格的に暗く、自分から話しかけるタイプではなかったんですが、スペイン語習得の側面もあって、休日になると街に出て、見知らぬ人に「何々を買いに行きたいんだけど、どこで売っているの?」なんて話しかけていました。これが言葉の通じる日本だったらどんなに楽かと思うと、「誰とでも簡単に話せるな」と性格がガラっと変わりました。今思えば、ジュビロはサッカー云々というよりこれを狙っていたのかなと。だとすればジュビロとしては思惑通りでしたね。(笑)

夢は40歳まで現役。将来はタイの子供たちを指導したい。

現在プレーするタイリーグは、日本人選手、監督が増えた事もあって、日本でも注目を集めるようになってきました。6シーズン目を迎えて感じているのは、選手やファンを含め、「どこか現状に満足しているような雰囲気がある」という事です。代表も東南アジアでは結果を残してはいますが、今よりも上を目指さない限りその先は無いのは当然です。ワールドカップを目指せるポテンシャルを秘めているだけに、非常にもったいないと感じます。

リーグ自体も東南アジアではタイが頭一つ抜けていると思いますが、最近は外国人選手も含めパッとしていない。補強に関してもタイでやっている選手がファーストチョイスになっていて、「現状で勝てていれば良いか」と満足している感じです。向上心があまりない国民性なので難しいとは思うんですが、それを変えていく意味でも若い世代がどんどん海外に出ていくべきだと思いますね。

 

夢は40歳までサッカーを続ける事です。今年を入れてあと4年、できれば現在所属するTOT SCで現役を終えたいですね。そこからはタイに恩返しできるような何かをやっていけたらと思っています。トップでの指導や監督業よりは子供たちへの指導に興味を持っているので、どんな形であれ、タイの子供たちにサッカーを教えつつ、プロの素晴らしさだったり、夢を持つ事の大切さだったりを伝えていけたらと思っています。タイ人の子供たちへ指導する事で、自分が経験し、得てきたものをタイへ還元していければ良いですね。

◆スルガチャンピオンシップ展望

ずっとタイにいて情報があまりないので試合予想は出来ないんですが、リーベルにはサテライトで一緒だったカベナギがいるので、彼には頑張って欲しいですね。まあ彼は僕の事なんて覚えてないでしょうけど。(笑) リーベルはアルゼンチン、南米を代表するビッグクラブですし、ガンバ大阪もJリーグのチャンピオンクラブです。お互い代表選手や良い選手が揃っていますし、好試合になるのを期待しています。

河村 崇大が選んだベスト11

タイプレミアリーグで戦ったタイ人選手ベスト11

フォーメーション:3−5−2

監督:ソムチャイ・サップーム(現TOT SC監督)

 

タイプレミアリーグで6シーズン戦ってきた中で、個人的に好きな選手、上手いなと思った選手をタイ人選手だけで選んでみました。中盤に選んだテサック・ジャイマンはタイ人選手の中でベストプレーヤーですね。この選手だけは外せない!

河村 崇大 プロフィール

河村 崇大(カワムラ タカヒロ)

河村 崇大プロフィール

1979年静岡県島田市出身。98年ジュビロ磐田ユースよりトップチームへ昇格。翌年のアルゼンチンの名門リバープレートへの留学後、08年までジュビロ磐田の黄金期のメンバーとして活躍(06年セレッソ大阪、07年川崎フロンターレへレンタル移籍)。09年東京ヴェルディでプレーした後、10年に渡タイ。ポリス・ユナイテッドを経て11年よりTOT SCに所属。現地関係者から「河村なしではチームが機能しない」と評されるなど、タイプレミアリーグを代表する選手として活躍中。

ページの先頭へ