サッカーを愛して止まないあの人の ゆめのはなし

ゴン中山に憧れたサッカー小僧はサッカーを通して現実を知り、それでも真剣にプレーするステージを求め故郷・軽井沢でフットサル選手としての道を歩み始める。「軽井沢から世界へ」を掲げ、国内有数のリゾート地でフットサルに向き合う日々と、その先の夢について聞いた。

サッカーで知った事実「上には上がいる」

ボールを蹴り始めたのは地元のサッカー少年団で、小学2年生の時ですね。父親はスケートの選手だったんですけど、その練習が本当につらかったらしく「息子には絶対にこんな思いはさせたくない」という気持ちでチームスポーツを勧めてくれたのがきっかけです。憧れは当時、ジュビロで点を取りまくっていた中山雅史選手でした。長髪がカッコ良かったので真似して髪が腰に届くまで伸ばして「なんだあの女子は?」とか他のチームの選手に指されるような子でしたね。

スピードがあったほうだったので小学校の高学年くらいから試合に出て、地元の選抜チームにも入ってプレーしました。進学した軽井沢中学校ではサッカー部に入部したんですが、佐久にあるサームFCという強いクラブチームから声をかけてもらって、夏の終わりくらいに移籍しました。

サームFCは長野でベスト4くらいには常にいるチームだったんですけど、松本にあるセダックFCというチームにはなかなか勝てなかったんです。でも、そのセダックが夏休みなどに菅平合宿に首都圏から来るJリーグのジュニア・ユースにボコボコにされた。しかもベストメンバーではないらしい。なんていう噂を聞いて「じゃあレギュラーはどんだけうまいんだ。上には上がいるもんだなあ」と中学生ながらに知った覚えがあります。

ただ、サッカー選手として結果は出ませんでしたが、それでものちにフットサルと向き合いジュニアの指導にあたる時、サッカー経験が活きていますので、真剣にプレーしていて良かったなと今は切に思います。

チームの成熟度や共通意識が鍵を握るフットサルにハマってゆく

初めてフットサルをプレーしたのは高校時代です。ただ、そこでフットサルに目覚めた、なんてことは一切なく、あくまでサッカー部の練習が雨で、あとは冬の間に雪でできない。そんな時にやる、いわば「サッカーの代わり」みたいなイメージでした。

その後、高校を卒業して中野にあるスポーツ医療系の専門学校に入学したんですが、その時には友達が早稲田大学の敷地内でやっている個サルみたいな感じのゲームに呼んでくれてプレーしました。ちょうどハロプロをはじめ女子がフットサルをやり始めた頃でフットサルが世の中に本格的に認知されはじめた頃だったのを覚えています。

改めてプレーしてみて、そこで初めて狭い中で技術を活かす面白さに気付き始めた感じですかね。あとは当たり前なんですけど、ボールに触る回数も時間も圧倒的にサッカーより多い。そこも楽しかった。専門学校を卒業後、地元に帰ってきた後に軽井沢アタカンテというチームに誘ってもらって、本格的に競技として取り組みました。

最初は、リスタートは4秒以内といったルールに戸惑ったり、相手を足元の細かいタッチやステップで食いつかせてかわす“フットサルの技術”にやられまくったりしましたが、それも新鮮で面白かったですね。点もたくさん入るし、人数が少ないのでサボれない。サッカー以上にチームの共通意識や一体感が鍵を握る。プレーすればするほど奥深さを知り、そのうちに長野県のU-23選抜に呼ばれるようになり、そこで多くの経験を積ませてもらいました。2012年には長野県リーグで優勝して、MVPと得点王を受賞したのですが、自分の技術が向上したこと、選手として結果が残せたことと同時に「ああ、プロじゃなくても上を目指せる世界は必ずあるんだな」と気付けたことも嬉しかったですね。

ハイブリッドなアスリートを 土屋浩樹が願う軽井沢の夢

トップチームとしてはまずは長野県リーグを勝ってSC軽井沢クラブとして北信越リーグに昇格したいですね。Fリーグも準会員リーグが発足し、近い将来、カテゴリー2ができると聞いています。その時にトップのピッチに立てるようにトレーニングしていきたいです。

それと並行して、僕らは「軽井沢から世界へ」を掲げているので、世界で勝負できるアスリートを育てていきたい。軽井沢から世界へ挑戦するアスリートは何人もいますが、そのほとんどが冬季競技の選手です。冬季競技以外からも世界を狙えるような選手を出したいですね。

最近、スクールに参加してくれて「将来はSC軽井沢クラブでプレーしたい」と言ってくれる子も増えてきて、それは単純に嬉しいです。でも、欲をいえばフットサルだけではなく、若い世代の頃はサッカーにもトライしてほしいです。技術的にも教育的にも違う競技を学んで、複数のチームに所属することは選手自身にとってとても大きなプラスになります。

さらには、必ずしもフットサルとサッカーの組み合わせでなくてもいいと僕は考えています。例えばアメリカなどではアメフトの選手がNBAのドラフトにもかかった、なんていう話がありますが、軽井沢は「フットサルとスキーのアルペン」とか「サッカーとスピードスケート」なんていう冬季スポーツとの組み合わせが実現できる日本でも数少ない町です。「カーリングの五輪代表選手がJリーグからも声がかかった」なんていう、そんな夢のあるニュースはちょっと他にありません。軽井沢という町の特色でメリットで、ポテンシャルであると僕は信じています。みなさまもぜひ、軽井沢に遊びに来てください。ガチの個サルもあるので、一緒に蹴りましょう。

土屋 浩樹が選んだベスト11

アイマールが輝く10人

WOWOWでリーガを観られるようになって、バレンシア時代のパブロ・アイマールに衝撃を受けました。それからずっと、アイマールが大好きなんですよ。うますぎます。僕はノーマルですけど、男でも好きになるくらい顔もカッコいいし。なのでアイマール中心のチームを作りたいです。彼と相性の良さそうな10人を選びました。おのずとファンタジスタやテクニシャンが多いですね。前のほうは守備あんまりしなそうですけど、そのあたりのバランスは「ゆめのはなし」ですから、度外視です。とにかく自分が動かしてみたい、観てみたいチームに徹しました。

 

フォーメーション:4-3-3 監督:土屋浩樹
GK
マヌエル・ノイアー
DF(右から、以下同じ)
ダニエル・アウベス、パウロ・マルディーニ、カルロス・プジョル、マルセロ
MF
ルカ・モドリッチ(1ボランチ)、パブロ・アイマール(2枚のOHの右)、ジネディーヌ・ジダン(2枚のOHの左)
FW
リオネル・メッシ、ロベルト・バッジオ、ティエリ・アンリ

土屋 浩樹 プロフィール

土屋 浩樹(ツチヤ ヒロキ)

土屋 浩樹プロフィール

1988年長野県生まれ、県立岩村田高校出身。特定非営利活動法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブに所属し、受託事業部の主任を務めながら同フットサルクラブの主将としてFリーグを目指す一方で、5歳から小学生までのフットサルスクールの指導にあたっている。好きな食べ物は火鍋。チームのホームページは(http://www.karuizawaclub-futsal.com/

ページの先頭へ