サッカーを愛して止まないあの人の ゆめのはなし

サッカーを面白くおかしく喋って伝えたい。その思いからフロムワン在籍時代にニコ生とタッグを組み「サッカーキング・ハーフタイム」を立ち上げ、フットボールMCとなったMCタツ。その語彙と切り口、トークの反射神経はサッカー業界でも随一だ。そして昨年、フリーランスになった彼はライティング、プラニングもこなすオールラウンダーに昇華しつつある。今後の夢は? たっぷり語ってもらおう。

“ジャンルカ・トト・トガシ”に学んだ、サッカーを文字にして人を笑わせること

小さい頃、小学三年生までサッカーはやっていました。GKでしたがある時、自身の起用法を巡って監督と衝突して……。主張の強い子だったんだと思います。逆に仕事をするようになった今は、いかにその主張をマイルドに先方に伝えるか、それに注力しています。
サッカーをプレーしなくなっても、サッカーを観るのはずっと好きでした。中学の時にJリーグが開幕して、その時は千葉に住んでいたのでジェフの試合が中心でしたが、色々なゲームが観たくて、鹿島や横浜の2チーム、ヴェルディなど、首都圏のスタジアムに親父に連れて行ってもらった記憶があります。
その後、カズさんがジェノアに行ってから、セリエAをきっかけに、欧州のサッカーに興味が広がってハマって行った感じです。サッカーメディアに触れたのも、この頃が最初でしたね。特に影響を受けたのは『CALCiO2002』という専門誌で、富樫洋一さんの原稿は勉強になったと同時に、読んでは腹を抱えて笑いました。
僕は小さい頃から人を笑わせるのが好きで、その中でも一番難しいのは、文字で人を笑わせることだと思うんです。でも“ジャンルカ・トト・トガシ”は、サッカーダイジェストのころから笑わせる文章を書いている人でした。『CALCiO2002』でもその力は存分に発揮されており、「俺もサッカーの世界で文字で笑わせてみたい」と思ったのが原点かもしれません。
ただ、冨樫さんは『CALCiO2002』巻末の編集後記で「サッカーライターたる者、英語はできて当たり前。スペイン語、イタリア語も日常会話くらいは~」とも書いていて、「そうか、サッカー業界ってインテリなのか。俺は帰国子女なのに英語もロクに喋れねえもんな、最悪だ」と、バイトして金を貯めて、最後は親から金を出してもらってロンドンに留学しました。それが22歳ですね。実際サッカー業界に入ってみたらそんなインテリは少数派でしたけどね。(笑)
今はなきハイバリーの近くに住んでいたけれど、なぜかスタンフォード・ブリッジによく行ってました。当時のチェルシーには、ベロン、クレスポ、マケレレ、グジョンセンがいて、ランパートも若手だった。懐かしいですね。
 

職場ごとに得た学びを武器に、16年、フリーランスに

ロンドンから帰国して、まずは編集アルバイトとしてスポニチさんにお世話になりました。「ボウヤ」と呼ばれる、組んだ原稿を片っ端から印刷に回す仕事です。雑用といえばそれまでなのですが、誌面が時間との戦いであること、プロのチェック体制、新聞原稿の作り方を現場で学べたのは自分にとって大きなことでした。プロの仕事を盗むと同時に「熱意や知識で言えば、俺だって負けていない」と思えた部分もあります。
2年ほど、スポニチさんで働かせてもらった後、携帯サッカーサイト「速!サカ」の編集者となりました。ここでは編集者として原稿を受けることを体感させてもらいました。ドイツW杯もここで過ごしました。
その後はJリーグのファンサイトに約5年、サッカー紙エル・ゴラッソを発行しているスクワッドに約2年所属しました。
昨年の春まではフロムワンで勤務していました。ここでは企業タイアップの進め方であったり、PR案件のノウハウ、企画の練り方などなど、多大な経験を積ませてもらい、これはフリーランスになった今も大きな武器になっています。
フリーになったのは昨年です。我ながら、いろいろなところでお世話になったな、と思います。久しぶりに会う方にはたいてい「今、何で食ってるの?」って言われますから。
こうして職歴を追ってみると「俺って何も成してないなあ。何も秀でてないな」とつくづく思います。
その一方で、誰かが何か新しいことをする時に「とりあえずタツ、話、聞いてくれよ」と連絡してくれる人も増えたのも事実です。どの仕事もクライアントがどんなユーザー、読者、お客様をターゲットにしているかを知って、それによってトンマナやアウトプットを変える。その原則は共通です。それさえ守れば、「何とかフリーでもやっていけるな」という手応えを得たのも事実です。
そして、フリーになってから今まで退社した全ての会社に仕事をいただいているのは、ささやかな自慢です。現場ごとにそれなりに、自分は仕事できていたのかな、とある程度は安心できました。

クラブ公式SNSの活用と、クレイジーサッカー人の発掘を

今後の夢、ですか。いくつか、あります。
まずは日本のプロスポーツの公式SNSの運営に携わって、効果的な使い方を提案、実践していきたいです。現状、海外のプロスポーツクラブに比べると、国内のそれは戦略性が薄く、うまくドライブできてない印象を受けます。
僕がお世話になった方の一人に、サッカーなんでもコンテンツ屋さんの村田要さんがいます。彼の名言に「コンテンツは死なない」というのがありますが、本当にそうで、クラブっていうのは無限にコンテンツリソースを抱えていると思うんです。それを掘り出していけたら楽しいだろうし、ファンやサポーターも喜ぶだろうな、と。
MCとしては、サッカー界では有名でも一般層からはまだまだスポットの当たっていない人、あるいはその逆で一般的には知られていてもサッカー界では存在感を発揮できていない人を紹介していけたら、と思っています。
『サッカーキング ハーフ・タイム』では、小柳ルミ子さんに生出演していただいたことがあったんですけど、当時から彼女はものすごい知識と熱量とユーモアがあったのですが、今のようにまだメディア露出は少なかった。
他には例えば、パイオニア・カメラマンのロク(六川則夫)さんがいます。彼は還暦を超えてなおバリバリ現役で「サッカーはサッカーに語らせればいい」とか「サッカーは社会の縮図だ」なんて言う。あんなに最高に面白くてカッコいいオッサンを僕は他に知りません。
こういう方々をうまく紹介して、いじって、彼らにどんどん活躍してもらいたい。そうするとサッカー業界もどんどん盛り上がって行くと信じています。

MC タツが選んだベスト11

MCタツの元上司ベスト11

フォーメーション:4-3-3 監督:MCタツ
()内は現在の所属や職業
 
GK
小林澄生(フロムワン)
 
DF:右から
浜村真也(サポティスタ創始者)、渡辺文重(有限会社ブンヤ)、小林弘典(クルゼイロジャポン)、椛沢佑一(浦和フットボール通信)
 
MF
ダブルボランチ:
川前真一(スポーツリンクアンドシェア)、村田要(ガードかなさる有限会社)
トップ下:山田泰(スクワッド)
 
FW:
右W:横林洋士(クルゼイロジャポン)
CF:岩本義弘(TSUBASA)
左W:清義明(フリーランス)
 
 
守護神にはフロムワンの創業者である小林さんを。右サイドの浜村さんはサポティスタを起ち上げた男ですが、ああみえて、地道な性格でサイドバックとして堅実なプレーをします。CBの渡辺文重さんは仕事の上でも安定感があり、後方支援の上手な方なので最終ラインにいてほしい。もう一人の小林さんはコーチングの天才です。後ろから全体に指示を出してほしい。左の足の速い椛沢さんは技術というよりスピード一本で勝負してほしい。
ボランチの二人は自ら仕事を生み出せる、ゲームも作れる、器用なプレーヤーです。業界でもピッチでもキーマンであり、キーポイントであるトップ下にはエルゴラの山田さん。今後もサッカー業界でチャンスメイクをし続けてくれるでしょう。
左ウイングにはお世話になった清義明さん。あとで怒られるかもしれないけれど、彼のポジションはここしかないっすね、ポリティカル的に。右ウイングには横林さん。ブラジルのプロでもプレーしていたほどの突破力を活かしたいですね。CFには業界随一の推進力と決定力を誇る、あの男しかいないでしょう。
みんなで暴れまわって、今後もサッカー業界を盛り上げていきたいですね。
 

MC タツ プロフィール

MC タツ(タツ)

MC タツプロフィール

タツ A.K.A MCタツ。イケダタツ。1980年生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク出身。2004年よりスポーツメディアの編集に携わり、様々なサッカーシーンの取材を重ねる。2013年に「サッカーキング」のWEB番組『サッカーキング ハーフ・タイム』で司会業をスタート。2017年からはフリーとして活動し、初の著書『たのしめてるか。~湘南ベルマーレ2016フロントの戦い~』(産業能率大学出版)を上梓。現在はサッカー、野球、バスケットボールなどスポーツを問わず、WEB番組の制作プロデューサー、ディレクター、出演者として活動中。

ページの先頭へ