サッカーを愛して止まないあの人の ゆめのはなし

「本当はサッカー選手になりたかったんです」と小さな頃の夢を教えてくれた、カーリング平昌五輪代表の清水徹郎。強いヴェルディに憧れ、中村俊輔に魅せられ、レイソルジュニアに衝撃を受け、アルウィンのピッチに立つ。「カーリングとサッカー、あんまり共通点はないです」と笑いながら、彼の人生は意外とサッカーとリンクしているようだ。

レイソルジュニアに砕かれた夢。カーリングと両立した中高時代

小さい頃、カーリング選手よりサッカー選手になりたかったんです。小学校の作文なんかにも夢として書いてました。
幼稚園の時にJリーグが開幕して、強かったヴェルディのカズさんやラモスさんが憧れでした。スーパーファミコンの「Jリーグエキサイトステージ」でヴェルディをよく使っていたのを覚えています。
地元には、軽井沢JFCというチームがあって小学2年生の時にそこでボールを蹴り始めたのですが、それ以外の日も放課後、一度、家に戻ってカバンを置いてまた学校に戻って、ほぼ毎日、暗くなるまでサッカーをしてました。テストでいい点を取ることはあまりなかったけれど、両親は「宿題だけはやりなさい」とだけ言って、「勉強しろ」とか注意された記憶はないですね。
JFCは佐久地区でもなかなか勝てなかったですけど、ポジションはずっとオフェンスで、とにかく点を決める気持ち良さは忘れられません。
カーリングを始めたのは長野五輪の少し前なのでサッカーよりも後、小学校4年生くらいですかね。当時はサッカーのほうが圧倒的に好きでしたけど、子供心に「サッカーでは俺は上には行けないな」と思い知らされたのはその2年くらい後です。
小学校6年生の時に佐久トレセンに選ばれたんですよ。さらに上の東信地区のトレセンにも入れて、柏に遠征に行ったんですけど、そこでレイソルのジュニアにボコボコにされたんです。点差はそこまでつかなかったのですが、対面した相手との1対1で何もできない。かなり衝撃的で、あれで諦めた気がします。最近「カーリングを本気でやろうとしたきっかけは?」とかインタビューで聞かれるんですけど「本当はサッカー選手になりたかったです」とは答えにくいじゃないですか。「全日本ジュニアで準優勝できたから」とか、嘘ではないけどなんとなく答え続けています。
それでもサッカーはずっと好きだったので、中学、高校ともサッカー部に入って右サイドで頑張りました。強いチームでもなかったし、カーリングの大きな大会とスケジュールがかぶることもなかった。和気藹々とプレーできて楽しかった思い出ですね。
同時進行で週4-5回くらい、スカップ軽井沢(現在は室内プールなどの施設)でカーリングもやってました。部活を終えて親にホールまで送ってもらってカーリングの練習してから、帰って夕飯。そんなサイクルで、多分、大変だったけど、練習が嫌だったことはなかったですね。当時のメンバーのユータ(松村雄太/4REAL)やリョウ君(荻原諒/軽井沢WILE)は今でも日本のトップレベルでカーリングやっているので、きっとあの頃はサッカーとカーリングを両方やれてたいい時期だったんだな、と思います。
 

知られざる山雅との絆とサポーターが後押しした優勝

今でもサッカーは大好きでよく観ます。欧州も好きですけど、観るのはJリーグですね。小さい頃はヴェルディのファンでしたが、中村俊輔選手を知ってからは、ずっと彼のファンなんです。
僕はずっとサイドでプレーしていたので「なんでシュンスケ?」と聞かれるんですが、あの人、ポジション関係ないじゃないですか。中で決定的な仕事をしたと思ったら、外でドリブルしてとんでもないクロスを入れる起点にもなれる。だからといって強く寄せるとファウル取られてFKを直接沈める。どうしようもないっすよね。だから好きなんです。
その流れで今もJ1ではFマリノスが好きです。J2ではもちろん山雅で、J3はパルセイロですね。
去年、縁があってアルウィンに五輪出場決定のご挨拶をしに行けたんですよ。1万人を超える観客の前に立つ経験もないですし、アルウィンは憧れのピッチでしたので初めて立てて感激しました。あんな最高の環境でサッカーできるなら、僕だっていくらでも走れる気すらしました。
さらに山雅サポが「SC軽井沢」とチャントを歌ってくれて、しかも、その時のサポーターが12月の軽井沢国際に応援に来てくれて、決勝前に同じチャントをまた歌ってくれたんです。まさか僕らのホームリンクであれを聞けるとは思ってもいなかったのですごく嬉しかった。あの応援で観客席が一体となってゲームにうまく入れました。優勝に繋がった要因だったと本気で思っています。アイスパークに来てくださった山雅サポーターの皆さんありがとうございました。この場を借りてお礼を言わせてください。また僕たちも山雅の試合の応援に行きたいと思っています。
 

五輪が終わったら11人制で久しぶりのゴールを

サッカーとカーリングの共通点は、スポーツとしては正直、あんまり多くはないです。
ただ、僕はなでしこジャパンにはすごい共感を抱いています。働きながらサッカーを続けて世界で結果を出した。その事実をものすごいリスペクトしますし、その後にメディアにも取り上げられて環境も整いつつある。
カーリングも僕らが五輪でいいパフォーマンスを見せて、多くの方に見てもらい、「面白いな」と関心を持ってもらうことがまずは必要なのかなと思います。
五輪が終わったら……。それも良く聞かれるんですが、やはり五輪のアイスに立ってみないとなんとも言えないですね。そこで自分が何を感じるか、ある意味では楽しみにしてます。
あとは一度、五輪が終わったら本気でサッカーしたいなとは思ってます。昨季のシーズンアタマかな、フットサルを一日やっただけで捻挫しちゃって。「サッカーはやればある程度できるんだ」って思っている自分のイメージに身体がついていかないんでしょうね。そして、ゲームが始まっちゃうとどうしてもほどほどでなく本気でやっちゃうので、さすがに五輪シーズンの今季は我慢してます。たまに気晴らしでリフティングしてみるくらい。まだなんとか、100回200回は続きます。
リフティングだけでも楽しいけれど、五輪が終わったら一度、フルパワーでフルコート、やってみたいですね。久しぶりにゴール決めたいです。
 

清水 徹郎が選んだベスト11

中村俊輔中心とした日本人選手ベスト11

フォーメーション:4-4-2 監督:岡田武史
 
GK
川口能活
DF
内田篤人、中澤佑二、松田直樹、長友佑都
MF
ボランチ:遠藤保仁
右:清武弘嗣
左:小野伸二
トップ下:中村俊輔
FW
高原直泰、大久保嘉人
 
 
マリノスで黄金期を作った岡田さんを監督にして、俊輔選手を中心とした日本人のチームを作りたいです。
そうなると後ろは川口能活選手、中澤佑二選手、松田直樹さんですね。松田さんは山雅がまだこれからの時に来てくれたので、長野県民としては感謝しかない恩人です。中澤選手はインタビューで「CKで俊輔が『あそこに蹴るよ』というと本当に来る。得点は半分以上あいつのおかげです』」みたいなことを言っていたので、そのシーンを観たい。サイドバックは右に内田篤人選手、左に長友佑都選手。二人ともプレースタイルが好きですし、長い距離を走って俊輔選手からボールを受けてくれそうです。
ボランチには俊輔選手とお互いに理解してそうな遠藤保仁選手、同じ理由で小野伸二選手に左にいてもらって、右にはパスもドリブルでも仕掛けられる清武弘嗣選手を。トップ下は本人です。
2トップは候補がたくさんいるんですよね。ゴンさん(中山雅史)とか、岡崎慎司選手とか。でもやはり俊輔選手との相性で高原直泰選手と大久保嘉人選手です。二人とも献身的で体が強く、潰され役になってくれそうです。いいチームになりそうですね。
 

清水 徹郎 プロフィール

清水 徹郎(シミズ テツロウ)

清水 徹郎プロフィール

1988年長野県軽井沢町出身。小学4年生でカーリングを始め、07年にSC軽井沢クラブに加わる。多彩なショット、的確なスイープ、強いメンタルを備えた日本カーリング界屈指のオールラウンダーとして日本カーリング史上初の五輪でのメダルを狙う。「早いウェイトのショットを五輪で決められるように頑張ります」とは本人の弁。好きな食べ物は山芋、チャーハン。長岡鉄工株式会社所属。
 

ページの先頭へ